NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 1339
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着コメディリアリティ恋愛

コメディ系の人気バラエティ番組(134作品)

1位
2018年
犯人はお前だ!の評価・感想
評価:5.0点
選ばれし7人の探偵たちが、毎回さまざまな謎解きに挑戦。立ちはだかる障害を乗り越えて、最大の謎であるプロジェクトDの真相を解き明かすことができるのか?
2位
2017年
ジャック・ホワイトホール: 東南アジア父子二人旅の評価・感想
陽気なコメディアンのジャック・ホワイトホールが、堅物の父親、マイケルを外国旅行へ誘うことに。親子の絆を深めようと、2人が向かったのは東南アジアだ。
3位
2017年
マーク・マロンのまじリアルの評価・感想
評価:1.0点
スタンドアップのベテランコメディアンであるマーク・マロンが、瞑想や死、ドキュメンタリーなど、おかしな現代社会の妙を得意の"皮肉節"で一刀両断する!
4位
2018年
ハンナ・ギャズビーのナネットの評価・感想
よくあるスタンドアップじゃ満足できないオーストラリア人コメディアンが、自身のジェンダーや性的指向、幼少時代の辛い思い出をオチにして、一味違う舞台を披露。
5位
2018年
クリスティンの奇妙なお菓子教室の評価・感想
魔女のように何でも作ることのできるお菓子作りの芸術家、クリスティン・マコーネル。グロテスクで病みつきになるデザート作りを手伝うのは口の悪い生き物たち。
6位
2017年
サインフェルド: ヴィンテージカーでコーヒーをの評価・感想
評価:4.5点
ゲストコメディアンを粋な車でお出迎え。ジェリー・サインフェルドが、カフェインの力を借りつつ素顔を聞き出す、味わいと機知に富んだ笑い満載のトークショー。
7位
2018年
キャロルの小さなアドバイスの評価・感想
評価:4.0点
コメディ界の大物キャロル・バーネットがタッグを組んだのは、口の達者な子どもたち。小さな天才たちが、歯に衣着せぬ物言いで、大人のなやみをずばっと解決?!
8位
2019年
世界のコメディアンの評価・感想
お国が違えば、笑いも違う!? 世界13の国と地域から多様性にあふれるコメディアンが大集結。各国でウケるネタを集めた爆笑スタンドアップコメディシリーズ。
9位
2018年
ダニエル・スロスのライブショーの評価・感想
暗い話の中に笑いを見出すのが得意なコメディアン、ダニエル・スロスが、個人的な話や不適切な話題を独特なユーモアのセンスで笑いに変える。
10位
2018年
スティーヴ&マーティンの一生忘れちゃう夜の評価・感想
長年の友人であるコメディ界の重鎮スティーヴ・マーティンとマーティン・ショートが、キレのあるジョークやノリノリの音楽、爆笑秘話で芸能界の思い出をたどる。
11位
2018年
ジェイムズ・エイカスターのレパートリーの評価・感想
身のこなしも目の付けどころも一風変わった英国人コメディアンが、独自のアイデアや体験談など幅広いネタで笑わせるスタンドアップ4本立てスペシャル。
12位
2018年
ザ・スタンドアップの評価・感想
レイチェル・ファインスタイン、カイル・キンエイン、ジョー・リスト、ブレント・モーリン、アパルナ・ナンチェーラ、ジーナ・ヤッシャーの6人がシーズン2に登場。
13位
2018年
ジョエル・マクヘイル・ショーの評価・感想
評価:3.5点
司会のジョエル・マクヘイルが、ゲストとともに、最新ニュースやポップカルチャー、SNS、コントを交えて、ホットな時事問題を取り上げるトークショー。毎週配信。
14位
2018年
イライザ・シュレシンガーの私は長老ミレニアルの評価・感想
婚約したてのイライザ・シュレシンガー。35歳女性の視点から、必死だった20代の思考回路や、30代になって感じた等身大のリアルをコミカルに描写する。
15位
2018年
アリ・ウォンの人妻って大変!の評価・感想
評価:5.0点
ヒットした「オメデタ人生?!」から2年。再び大きなお腹を抱えて舞台に立ち、結婚と育児の厳しい現実を残酷なほど赤裸々にぶちまける。アリ・ウォン節は今も健在。
16位
2016年
ガブリエル・イグレシアスの空腹時は取扱注意!の評価・感想
評価:2.5点
ギフトセットに見る人種差別、プリウスを乗り回す警察官、女性だらけのタコス屋台...。アロハシャツ大好きガブリエル・イグレシアスが爆笑ネタを大披露。
17位
2017年
ジム・ガフィガンのナンバー5の評価・感想
評価:2.5点
アメリカで、家族と一緒に安心して楽しめる健全でクリーンなコメディといえば、この人。自身5回目となるスペシャルショーで、1時間たっぷり笑わせます!
18位
2018年
トム・セグラの恥さらしの評価・感想
評価:2.5点
駐車場での嫌がらせやエロビデオ、子育てについて、トムの頭の中で渦巻く"不適切"な考えを、思い切り口に出してみる。近頃流行りの禁止用語なんて、関係ねえ!
19位
2018年
ラフィーニャ・バストス: 最後の言葉の評価・感想
下品なジョークで多くを失った男が帰ってきた! ブラジル人コメディアンのラフィーニャ・バストスが、訴訟や離婚、新たな愛を探す旅など際どいネタで笑わせる。
20位
2018年
ケヴィン・ジェームズの残念なタトゥの評価・感想
久しぶりにスタンドアップの舞台に立ったケヴィン・ジェームズが、子育て、ファンとの交流、ムカつく食物アレルギーの話など、家族みんなで笑えるネタを披露する。
21位
2016年
イライザ・シュレシンガーの一撃必殺の評価・感想
評価:1.5点
アドレナリン全開でスタンドアップ界にセンセーションを巻き起こすイライザ。女の性、飲み過ぎると現れる謎の別人格、リアリティ番組批判...ネタは本音のみ!
22位
2017年
ロリー・スコヴェルのスタンドアップ初挑戦の評価・感想
評価:2.5点
ロリー・スコヴェルが、アトランタの舞台で大暴れ! 自分を当惑させるモノ、恋愛や"Tバック賛歌"までに関する、まとまらない考察をぶちまける。
23位
2017年
ラッセル・ハワードのコメディ・スペシャルの評価・感想
お得意の自虐ネタをさく裂させて、政治やSNSなど時事問題から、ポルノや自身の欠点といったプライベートな話までぶちまける。彼のモットーは、常に前向き!
24位
2018年
ティグ・ノタロのここにいれて嬉しいの評価・感想
笑える体験やちょっと変わった子育て話を告白したり、持ち前のイタズラ好きを発揮して観客に悪ふざけをしかけたりと、ティグらしさ満載で贈るスタンドアップ。
25位
2018年
ハリ・コンダボルの家族と話し合えの評価・感想
アイデンティティーにまつわるあれこれ、有名人との会話、異常なマンゴー愛など、笑いと意外性あふれるネタを次々と繰り出すハリ・コンダボルのスタンドアップ。
26位
2015年
アンソニー・ジェセルニック: 思いと祈りの評価・感想
評価:3.5点
持ち前の挑発的な物言いでタブーを捻じ曲げ、悲劇もあえてネタにする。ブラックジョークが冴えわたるスタンドアップコメディ。
27位
2015年
僕、ブレント・モーリンですの評価・感想
評価:3.5点
ウィットに富んだジョーク満載のブレント・モーリン単独トークショー。暴れるムスコ君問題など恋に悩む思春期男子をたっぷり皮肉ったトークに思わず大爆笑。
28位
2015年
ジョン・ムレイニー: 返り咲きキッドの評価・感想
評価:3.5点
ベビーフェイスに似合わぬ鋭いつっこみこそ、元"サタデーナイトライブ"構成作家の真骨頂。結婚から赤ちゃん、果てはクリントン元大統領まで槍玉に!?
29位
2016年
コリン・クインのニューヨーク・ストーリーの評価・感想
評価:4.5点
「サタデー・ナイト・ライブ」のおなじみ俳優がニューヨークの歴史や人々を皮肉と郷愁たっぷりに語る、ジェリー・サインフェルド演出のオフブロードウェイ舞台。
30位
2016年
ジョー・ローガンの閲覧注意!の評価・感想
評価:1.5点
子育てからサンタクロース、麻薬入りグミやイルカとのお喋りまで。詮索好きな性格でなんでもネタにする、強烈な個性の持ち主ジョー・ローガンのコメディライブ。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
2345