NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 5547
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着コメディリアリティ恋愛

コメディ系の人気バラエティ番組(113作品)

1位
2022年
トークサバイバー!〜トークが面白いと生き残れるドラマ〜の評価・感想
スリル満点の本格ドラマに出演する芸人たちが、台本なしのシーンで面白トーク合戦を繰り広げる。敗者は即刻ドラマ降板となる新感覚お笑いバトル、ここに開幕!
2位
2016年
田村淳の地上波ではダメ! 絶対!の評価・感想
お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳がMCを務める"社会派バラエティ"。薬物、不倫、風俗など地上波では観ることができない社会の闇に迫る。
3位
2017年
いろはに千鳥の評価・感想
千鳥が街歩きしながら絶品グルメを食べ、'いろはカルタ'を完成させる街ブラトークバラエティ。低予算ゆえの過酷ロケ上等! 2人の絶妙なセンスとグチにハマるかも。
4位
2021年
ハリウッドを斬る! ~映画あるある大集合~の評価・感想
一匹狼(おおかみ)、素敵な出会い、爆発寸前の時限爆弾など。ハリウッド映画でお決まりの展開や'あるある'シーンについて、大物スターや業界関係者が深掘り解説。
5位
2014年
ダラケ! ~お金を払ってでも見たいクイズ~の評価・感想
ディープな世界の常識を追求する究極のクイズ・バラエティ。元刑務官や極道の妻など、特殊な世界のスペシャリストを回答者に迎え、過激なテーマを掘り下げる。
6位
2019年
ほんトカナ? ケンドーコバヤシの絶対に観ない方がいいテレビ!の評価・感想
過激で不思議な世界に生きる超人たちから、人生に役立つかもしれない'何か'をケンコバたちが学んじゃう!? 地上波では観られない超刺激的バラエティー!
7位
2020年
「任意同行」願えますか?の評価・感想
劇団ひとり、ファーストサマーウイカ、DJ松永(Creepy Nuts)のMC3人が、気になって仕方ない'今ドキ現代人'を呼び出し、深掘りする人間ドキュメントバラエティ。
8位
2017年
ジャック・ホワイトホール: 東南アジア父子二人旅の評価・感想
陽気なコメディアンのジャック・ホワイトホールが、堅物の父親、マイケルを外国旅行へ誘うことに。親子の絆を深めようと、2人が向かったのは東南アジアだ。
9位
2015年
アンソニー・ジェセルニック: 思いと祈りの評価・感想
評価:3.5点
持ち前の挑発的な物言いでタブーを捻じ曲げ、悲劇もあえてネタにする。ブラックジョークが冴えわたるスタンドアップコメディ。
10位
2017年
クリスティーナ・パジスキーの母は弱しの評価・感想
評価:3.0点
出産しママになった人気コメディアンが、シアトルの舞台に登場。子供時代から大人への成長、そして子育ての苦労まで、自らの経験を赤裸々に、饒舌に語り尽くす。
11位
2018年
クリス・ロックのタンバリンの評価・感想
評価:4.0点
クリス・ロック旋風がブルックリンの舞台を駆け抜ける! 子育ての極意から浮気に離婚バトル、米国政治まで、公私にわたる旬な話題を痛烈な笑いに変えて徹底分析。
12位
2018年
ジェイムズ・エイカスターのレパートリーの評価・感想
身のこなしも目の付けどころも一風変わった英国人コメディアンが、独自のアイデアや体験談など幅広いネタで笑わせるスタンドアップ4本立てスペシャル。
13位
2019年
しくじり先生 俺みたいになるな!!の評価・感想
この学園の先生たちは、過去に大きな失敗を体験したさまざまなジャンルの有名人。それぞれが語る'しくじり'経験を学べば、人生で大失敗はやらかさないはず!?
14位
2016年
レジー・ワッツのスペーシャルの評価・感想
評価:1.0点
斬新なスタンドアップを作り上げる、個性的コメディアン。実験的な歌やお芝居もあれば、おかゆから銃にドラッグまでジョークで笑い飛ばす。即興満載ステージ。
15位
2018年
ジョエル・マクヘイル・ショーの評価・感想
評価:3.5点
司会のジョエル・マクヘイルが、ゲストとともに、最新ニュースやポップカルチャー、SNS、コントを交えて、ホットな時事問題を取り上げるトークショー。毎週配信。
16位
2014年
ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE 2 サイキック・ラブの評価・感想
スポーツも勉強もできる高校生川島省吾が新たな決戦に挑む。謎の人物が支配する世界に巻き込まれた彼はセクシー美女集団の誘惑に打ち勝ち、キスを我慢できるか。
17位
2016年
ジェフ・フォックスワーシー&ラリー・ザ・ケーブル・ガイの最近考えてたことの評価・感想
評価:1.5点
グラミー賞候補にもなったジェフ・フォックスワーシーと、袖なしシャツでおなじみのラリー・ザ・ケーブル・ガイがお得意の"田舎者ネタ"を披露する爆笑ライブ。
18位
2016年
ボー・バーナムのみんなハッピーの評価・感想
評価:2.0点
十八番ともいえるシュールな笑いと自虐ネタを、自作の歌にのせて贈るボー・バーナムのコメディ・ライブ。その独特の人生観に思わず笑いがこみ上げる。
19位
2017年
リン・コプリッツのホルモン・ビーストの評価・感想
評価:1.5点
恥じらい一切なしに、女という生き物を大胆分析。突如訪れる感情の爆発、子なし人生の気楽さ、男が女に求める3つのことなど、リンならではの独特な視点が炸裂!
20位
2018年
リッキー・ジャーヴェイスの人間嫌いの評価・感想
実に7年ぶりにスタンドアップの舞台に立ったリッキー・ジャーヴェイス。十八番である辛口ジョークで、有名人、老い、そして繊細すぎる現代社会をぶった切る。
21位
2015年
アンジェラ・ジョンソン: 派手じゃないけどねの評価・感想
評価:1.5点
女優でコメディアン、アンジェラ・ジョンソンの話術にかかれば、どんな話題も爆笑の渦を引き起こす。彼女が見たもの、聞いたものは何でもたちまち笑いのネタに!
22位
2016年
マイケル・チェの要チェックの評価・感想
評価:4.5点
「サタデー・ナイト・ライブ」期待の新星の手にかかれば、深刻な社会問題も笑いの標的。差別や同性愛嫌悪、白人女性が高級化する街の話で、観客の心を鷲掴み!
23位
2017年
マリア・バンフォード: オールド・ベイビーの評価・感想
評価:1.0点
公園、ボーリング場、劇場など様々な場所の観客に向けて矢継ぎ早に繰り出すマリアのジョークをまとめてお届け。ユニークなスタイルのスタンドアップコメディ特番。
24位
2017年
エイミー・シューマーのレザー製ですが何か?の評価・感想
評価:3.0点
今や人気絶頂のコメディアン、エイミー・シューマー。デートにセックス、セレブの不条理など鉄板ネタを連発! デンバーはベルコ・シアターでのライブを収録。
25位
2017年
ラッセル・ハワードのコメディ・スペシャルの評価・感想
お得意の自虐ネタをさく裂させて、政治やSNSなど時事問題から、ポルノや自身の欠点といったプライベートな話までぶちまける。彼のモットーは、常に前向き!
26位
2017年
ジャック・ホワイトホールのやりたい放題の評価・感想
評価:4.5点
飲酒事情の英米比較から、ドラッグ、グーグル・マップの撮影車、さらには、永遠の宿敵ロバート・パティンソンの話まで、イギリス人視点で幅広いネタを披露!
27位
2018年
ザ・スタンドアップの評価・感想
レイチェル・ファインスタイン、カイル・キンエイン、ジョー・リスト、ブレント・モーリン、アパルナ・ナンチェーラ、ジーナ・ヤッシャーの6人がシーズン2に登場。
28位
2018年
ファリー・イズ・ニュー・ブラックの評価・感想
辛口のネタと粋なスタイルで大人気のフランス・コメディ界のトップスター、ファリー。口説き方から人種差別まで、なんでもありのコメディ特番。
29位
2014年
bananaman liveの評価・感想
お笑い界きってのコント職人、日村と設楽が贈る至極のステージの数々をお届け! 昔のライブから最近のライブまで、数十年のキャリアを誇るバナナマンのライブ集。
30位
2018年
相席食堂の評価・感想
全国各地の食堂に有名人が現れ、地元の人と相席をして交流。その様子に大人気漫才コンビの千鳥がツッコミを入れまくる、行き当たりばったりの旅バラエティ。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
234