NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 1095
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着コメディリアリティ恋愛

コメディ系の人気バラエティ番組(132作品)

1位
2018年
犯人はお前だ!の評価・感想
評価:5.0点
選ばれし7人の探偵たちが、毎回さまざまな謎解きに挑戦。立ちはだかる障害を乗り越えて、最大の謎であるプロジェクトDの真相を解き明かすことができるのか?
2位
2018年
ダニエル・スロスのライブショーの評価・感想
暗い話の中に笑いを見出すのが得意なコメディアン、ダニエル・スロスが、個人的な話や不適切な話題を独特なユーモアのセンスで笑いに変える。
3位
2017年
サインフェルド: ヴィンテージカーでコーヒーをの評価・感想
評価:4.5点
ゲストコメディアンを粋な車でお出迎え。ジェリー・サインフェルドが、カフェインの力を借りつつ素顔を聞き出す、味わいと機知に富んだ笑い満載のトークショー。
4位
2018年
クリスティンの奇妙なお菓子教室の評価・感想
魔女のように何でも作ることのできるお菓子作りの芸術家、クリスティン・マコーネル。グロテスクで病みつきになるデザート作りを手伝うのは口の悪い生き物たち。
5位
2018年
ハンナ・ギャズビーのナネットの評価・感想
よくあるスタンドアップじゃ満足できないオーストラリア人コメディアンが、自身のジェンダーや性的指向、幼少時代の辛い思い出をオチにして、一味違う舞台を披露。
6位
2016年
アリ・ウォンのオメデタ人生?!の評価・感想
評価:5.0点
性へのあくなき探求心、捨てられない症候群、妊娠までの苦労、フェミニズム批判など、女の本音をぶちまけるアリ・ウォンのスタンドアップ・コメディライブ。
7位
2017年
キャサリン・ライアンのトラブルメーカーの評価・感想
評価:3.5点
スタンドアップ・コメディアンのキャサリン・ライアン登場! 今まで付き合った男達、大嫌いな故郷の町、発言が大勢の怒りを買った件…大人女子による攻めの笑い!
8位
2017年
ジャック・ホワイトホール: 東南アジア父子二人旅の評価・感想
陽気なコメディアンのジャック・ホワイトホールが、堅物の父親、マイケルを外国旅行へ誘うことに。親子の絆を深めようと、2人が向かったのは東南アジアだ。
9位
2016年
ガブリエル・イグレシアスの空腹時は取扱注意!の評価・感想
評価:2.5点
ギフトセットに見る人種差別、プリウスを乗り回す警察官、女性だらけのタコス屋台...。アロハシャツ大好きガブリエル・イグレシアスが爆笑ネタを大披露。
10位
2018年
アリ・ウォンの人妻って大変!の評価・感想
評価:5.0点
ヒットした「オメデタ人生?!」から2年。再び大きなお腹を抱えて舞台に立ち、結婚と育児の厳しい現実を残酷なほど赤裸々にぶちまける。アリ・ウォン節は今も健在。
11位
2018年
キャロルの小さなアドバイスの評価・感想
評価:4.0点
コメディ界の大物キャロル・バーネットがタッグを組んだのは、口の達者な子どもたち。小さな天才たちが、歯に衣着せぬ物言いで、大人のなやみをずばっと解決?!
12位
2018年
イライザ・シュレシンガーの私は長老ミレニアルの評価・感想
婚約したてのイライザ・シュレシンガー。35歳女性の視点から、必死だった20代の思考回路や、30代になって感じた等身大のリアルをコミカルに描写する。
13位
2015年
アンジェラ・ジョンソン: 派手じゃないけどねの評価・感想
評価:1.5点
女優でコメディアン、アンジェラ・ジョンソンの話術にかかれば、どんな話題も爆笑の渦を引き起こす。彼女が見たもの、聞いたものは何でもたちまち笑いのネタに!
14位
2017年
ハサン・ミンハジのホームカミング・キングの評価・感想
評価:5.0点
「ザ・デイリー・ショー」でおなじみハサン・ミンハジ。彼ならではの人種・移民ネタから、悲しいプロムとその後日談まで、故郷の舞台でキレキレの笑いを展開。
15位
2019年
世界のコメディアンの評価・感想
お国が違えば、笑いも違う!? 世界13の国と地域から多様性にあふれるコメディアンが大集結。各国でウケるネタを集めた爆笑スタンドアップコメディシリーズ。
16位
2018年
スティーヴ&マーティンの一生忘れちゃう夜の評価・感想
長年の友人であるコメディ界の重鎮スティーヴ・マーティンとマーティン・ショートが、キレのあるジョークやノリノリの音楽、爆笑秘話で芸能界の思い出をたどる。
17位
2018年
ティグ・ノタロのここにいれて嬉しいの評価・感想
笑える体験やちょっと変わった子育て話を告白したり、持ち前のイタズラ好きを発揮して観客に悪ふざけをしかけたりと、ティグらしさ満載で贈るスタンドアップ。
18位
2015年
アンソニー・ジェセルニック: 思いと祈りの評価・感想
評価:3.5点
持ち前の挑発的な物言いでタブーを捻じ曲げ、悲劇もあえてネタにする。ブラックジョークが冴えわたるスタンドアップコメディ。
19位
2016年
イライザ・シュレシンガーの一撃必殺の評価・感想
評価:1.5点
アドレナリン全開でスタンドアップ界にセンセーションを巻き起こすイライザ。女の性、飲み過ぎると現れる謎の別人格、リアリティ番組批判...ネタは本音のみ!
20位
2017年
ジム・ノートンの下品でごめんねの評価・感想
評価:3.5点
歯に衣着せぬこの男の辞書に、恥という文字はない。恋愛、欲望、そして人には言えない性癖など、ジム・ノートンが赤裸々に語り尽くす!
21位
2018年
ジェイムズ・エイカスターのレパートリーの評価・感想
身のこなしも目の付けどころも一風変わった英国人コメディアンが、独自のアイデアや体験談など幅広いネタで笑わせるスタンドアップ4本立てスペシャル。
22位
2018年
ジョン・ムレイニーのキッド・ゴージャス at ラジオシティの評価・感想
評価:4.0点
子供の頃や「サタデー・ナイト・ライブ」時代を振り返り、大学の存在意義をこき下ろした挙げ句、年を取る悲哀を嘆く。ムレイニーならではの辛辣な笑いあふれる舞台。
23位
2018年
クリス・ロックのタンバリンの評価・感想
評価:4.0点
クリス・ロック旋風がブルックリンの舞台を駆け抜ける! 子育ての極意から浮気に離婚バトル、米国政治まで、公私にわたる旬な話題を痛烈な笑いに変えて徹底分析。
24位
2018年
アダム・サンドラーの100%フレッシュの評価・感想
"ヒーロー"や"アイス屋のお姉さん"の歌など、意外性と斬新さあふれる過激なネタと演出で、アダム・サンドラー独自の笑いを次々と繰り出すコメディスペシャル。
25位
2018年
モー・アマーの俺は陽気な流れ者の評価・感想
"モハメド"の名で旅行する大変さから、米国市民権獲得までの長い道のりまで、アラブ系アメリカ人が"難民コメディアン"としての実体験を笑いに変える。
26位
2018年
W・カマウ・ベル: 私立校の黒人の評価・感想
トランプ時代の子育てや、人種偏見ゼロの子供向けTV番組、"言論の自由"騒動、オフラインの恐怖など、世の中のいろいろを黒人活動家視点で笑いに変える。
27位
2015年
ジョン・ムレイニー: 返り咲きキッドの評価・感想
評価:3.5点
ベビーフェイスに似合わぬ鋭いつっこみこそ、元"サタデーナイトライブ"構成作家の真骨頂。結婚から赤ちゃん、果てはクリントン元大統領まで槍玉に!?
28位
2015年
アジズ・アンサリ: マディソン・スクエア・ガーデン・ライブの評価・感想
評価:4.5点
スタンドアップ・コメディアンでテレビの人気者、アジズ・アンサリが、移民、恋愛、食の安全まで幅広いネタで鋭いトークを展開する。
29位
2016年
ハンニバル・バーエス: 闇討ちコメディの評価・感想
評価:1.0点
ズボンのチャックについてのマナーやステロイド論争、ビル・コスビーに関するネタ後日談と、日常観察から物議をかもす発言まで盛り込んだ爆笑コメディ・ライブ。
30位
2016年
ケヴィン・ハートの次は何する?の評価・感想
評価:3.0点
郊外で遭遇する野生動物の恐怖に、7才の子どもへの大人気ない仕返し。エネルギーあふれるケヴィン・ハートのイカれた私生活に、満員のスタジアムが笑いの渦に。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
2345