NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 3441
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着コメディリアリティ恋愛

コメディ系の人気バラエティ番組(145作品)

1位
2017年
リン・コプリッツのホルモン・ビーストの評価・感想
評価:1.5点
恥じらい一切なしに、女という生き物を大胆分析。突如訪れる感情の爆発、子なし人生の気楽さ、男が女に求める3つのことなど、リンならではの独特な視点が炸裂!
2位
2017年
ジャック・ホワイトホール: 東南アジア父子二人旅の評価・感想
陽気なコメディアンのジャック・ホワイトホールが、堅物の父親、マイケルを外国旅行へ誘うことに。親子の絆を深めようと、2人が向かったのは東南アジアだ。
3位
2018年
ハンナ・ギャズビーのナネットの評価・感想
よくあるスタンドアップじゃ満足できないオーストラリア人コメディアンが、自身のジェンダーや性的指向、幼少時代の辛い思い出をオチにして、一味違う舞台を披露。
4位
2020年
アリ・エルジャンのアイスランド人でごめんねの評価・感想
北欧諸国間のライバル意識をイジり、ハリウッド映画で描かれる雷神や気まぐれな赤ちゃんをネタにして、アイスランド人のアリ・エルジャンが英語で贈るスペシャル。
5位
2018年
ジョエル・マクヘイル・ショーの評価・感想
評価:3.5点
司会のジョエル・マクヘイルが、ゲストとともに、最新ニュースやポップカルチャー、SNS、コントを交えて、ホットな時事問題を取り上げるトークショー。毎週配信。
6位
2020年
ケヴィン・ハートのもう知らねえ!の評価・感想
男だらけのグループチャット、40代のセックス、そして新型コロナウイルス。自宅のステージに立つケヴィン・ハートが、爆笑ジョークと窯焼きピザを大盤振る舞い。
7位
2018年
バート・クライシャーのシークレットタイムの評価・感想
上半身裸のバート・クライシャーが、ここだけのプライベートな話を次から次へとたたみかけ、"イケてる"父親ぶりを見せつける。責任感少な目でもお構いなし!?
8位
2018年
ファリー・イズ・ニュー・ブラックの評価・感想
辛口のネタと粋なスタイルで大人気のフランス・コメディ界のトップスター、ファリー。口説き方から人種差別まで、なんでもありのコメディ特番。
9位
2018年
ジェイムズ・エイカスターのレパートリーの評価・感想
身のこなしも目の付けどころも一風変わった英国人コメディアンが、独自のアイデアや体験談など幅広いネタで笑わせるスタンドアップ4本立てスペシャル。
10位
2019年
ロニー・チェンのアメリカをぶっ壊す!の評価・感想
「ザ・デイリー・ショー」「クレイジー・リッチ!」で知られるロニー・チェンが、アメリカの理解できないあれこれを笑いに変えるスタンドアップスペシャル。
11位
2016年
レジー・ワッツのスペーシャルの評価・感想
評価:1.0点
斬新なスタンドアップを作り上げる、個性的コメディアン。実験的な歌やお芝居もあれば、おかゆから銃にドラッグまでジョークで笑い飛ばす。即興満載ステージ。
12位
2017年
デイヴ・シャペルの冷静沈着&汚れた鳥の評価・感想
出来たてホヤホヤの新ネタと、超辛口だけど愛がいっぱいのジョークを散りばめた2つのスタンドアップ・スペシャルで、コメディ界の重鎮が激動の1年を振り返る。
13位
2018年
ティグ・ノタロのここにいれて嬉しいの評価・感想
笑える体験やちょっと変わった子育て話を告白したり、持ち前のイタズラ好きを発揮して観客に悪ふざけをしかけたりと、ティグらしさ満載で贈るスタンドアップ。
14位
2015年
アンソニー・ジェセルニック: 思いと祈りの評価・感想
評価:3.5点
持ち前の挑発的な物言いでタブーを捻じ曲げ、悲劇もあえてネタにする。ブラックジョークが冴えわたるスタンドアップコメディ。
15位
2017年
ジャック・ホワイトホールのやりたい放題の評価・感想
評価:4.5点
飲酒事情の英米比較から、ドラッグ、グーグル・マップの撮影車、さらには、永遠の宿敵ロバート・パティンソンの話まで、イギリス人視点で幅広いネタを披露!
16位
2020年
ヘイゼル・ブルガーのトロピカル・ショーの評価・感想
コメディアンのヘイゼル・ブルガーが、乱暴なガチョウや婦人科医の世間話、ドイツの銀行ローンなどのネタで、軽快な笑いを誘うスタンドアップスペシャル。
17位
2018年
W・カマウ・ベル: 私立校の黒人の評価・感想
トランプ時代の子育てや、人種偏見ゼロの子供向けTV番組、"言論の自由"騒動、オフラインの恐怖など、世の中のいろいろを黒人活動家視点で笑いに変える。
18位
2018年
エニッサ・アマニの誓って言うわの評価・感想
ハンブルクのライブで、イラン系ドイツ人コメディアンが国内エンジニアリング力や税金事情、ネットにおけるファンメールの"おきて"を語り、自国ドイツを丸裸に!
19位
2015年
イライザ・シュレシンガー: フリージング·ホットの評価・感想
女性コメディアン、イライザ・シュレシンガーが、抱腹絶倒のジョークを交えて、新鮮な視点から男女間の普遍的な問題を解明...!?
20位
2015年
ジョン・ムレイニー: 返り咲きキッドの評価・感想
評価:3.5点
ベビーフェイスに似合わぬ鋭いつっこみこそ、元"サタデーナイトライブ"構成作家の真骨頂。結婚から赤ちゃん、果てはクリントン元大統領まで槍玉に!?
21位
2016年
アリ・ウォンのオメデタ人生?!の評価・感想
評価:5.0点
性へのあくなき探求心、捨てられない症候群、妊娠までの苦労、フェミニズム批判など、女の本音をぶちまけるアリ・ウォンのスタンドアップ・コメディライブ。
22位
2017年
ロリー・スコヴェルのスタンドアップ初挑戦の評価・感想
評価:2.5点
ロリー・スコヴェルが、アトランタの舞台で大暴れ! 自分を当惑させるモノ、恋愛や"Tバック賛歌"までに関する、まとまらない考察をぶちまける。
23位
2017年
マズ・ジョブラニの移民コメディの評価・感想
評価:4.5点
イラン系アメリカ人コメディアンがケネディセンターで大暴れ。トランプ政権下での移民生活、最近の子育ての落とし穴など、幅広いネタで観客の心を鷲掴み!
24位
2017年
ハサン・ミンハジのホームカミング・キングの評価・感想
評価:5.0点
「ザ・デイリー・ショー」でおなじみハサン・ミンハジ。彼ならではの人種・移民ネタから、悲しいプロムとその後日談まで、故郷の舞台でキレキレの笑いを展開。
25位
2017年
マーク・マロンのまじリアルの評価・感想
評価:1.0点
スタンドアップのベテランコメディアンであるマーク・マロンが、瞑想や死、ドキュメンタリーなど、おかしな現代社会の妙を得意の"皮肉節"で一刀両断する!
26位
2017年
ニール・ブレナンと3本のマイクの評価・感想
評価:4.5点
パンチの効いたジョークと魂のこもった独白。このありえないような組み合わせを斬新なコメディに昇華させた、ニール・ブレナン。新スタイルの笑いを体感せよ。
27位
2017年
デレイ・デイヴィスのこれぞ黒人!の評価・感想
評価:2.0点
パワーみなぎるコメディアン、デレイ・デイヴィスが、火の玉のごとく舞台で暴れまくり! 黒人社会や黒人が芸能界を生き抜く術など、洗いざらいぶちまける。
28位
2017年
デフ・コメディ・ジャム 25の評価・感想
評価:4.5点
ラッセル・シモンズ製作による伝説的TV番組「デフ・コメディ・ジャム」。スタンドアップ・コメディ界の大スターたちが一堂に会し、その25周年を祝う特別版。
29位
2017年
ノーム・マクドナルド・ライブの評価・感想
評価:1.5点
ポーカーフェイスで放つピリッと辛口のジョークは、今なお健在。年を取り、その巧妙な語り口に一層磨きがかかったベテランコメディアン、待望の新作ライブ。
30位
2018年
トム・セグラの恥さらしの評価・感想
評価:2.5点
駐車場での嫌がらせやエロビデオ、子育てについて、トムの頭の中で渦巻く"不適切"な考えを、思い切り口に出してみる。近頃流行りの禁止用語なんて、関係ねえ!
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
2345