NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 4416
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着コメディリアリティ恋愛

コメディ系の人気バラエティ番組(108作品)

1位
2016年
田村淳の地上波ではダメ! 絶対!の評価・感想
お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳がMCを務める"社会派バラエティ"。薬物、不倫、風俗など地上波では観ることができない社会の闇に迫る。
2位
2017年
ジャック・ホワイトホール: 東南アジア父子二人旅の評価・感想
陽気なコメディアンのジャック・ホワイトホールが、堅物の父親、マイケルを外国旅行へ誘うことに。親子の絆を深めようと、2人が向かったのは東南アジアだ。
3位
2014年
ダラケ! ~お金を払ってでも見たいクイズ~の評価・感想
ディープな世界の常識を追求する究極のクイズ・バラエティ。元刑務官や極道の妻など、特殊な世界のスペシャリストを回答者に迎え、過激なテーマを掘り下げる。
4位
2017年
いろはに千鳥の評価・感想
千鳥が街歩きしながら絶品グルメを食べ、'いろはカルタ'を完成させる街ブラトークバラエティ。低予算ゆえの過酷ロケ上等! 2人の絶妙なセンスとグチにハマるかも。
5位
2019年
ほんトカナ? ケンドーコバヤシの絶対に観ない方がいいテレビ!の評価・感想
過激で不思議な世界に生きる超人たちから、人生に役立つかもしれない'何か'をケンコバたちが学んじゃう!? 地上波では観られない超刺激的バラエティー!
6位
2019年
しくじり先生 俺みたいになるな!!の評価・感想
この学園の先生たちは、過去に大きな失敗を体験したさまざまなジャンルの有名人。それぞれが語る'しくじり'経験を学べば、人生で大失敗はやらかさないはず!?
7位
2015年
イライザ・シュレシンガー: フリージング·ホットの評価・感想
女性コメディアン、イライザ・シュレシンガーが、抱腹絶倒のジョークを交えて、新鮮な視点から男女間の普遍的な問題を解明...!?
8位
2017年
リン・コプリッツのホルモン・ビーストの評価・感想
評価:1.5点
恥じらい一切なしに、女という生き物を大胆分析。突如訪れる感情の爆発、子なし人生の気楽さ、男が女に求める3つのことなど、リンならではの独特な視点が炸裂!
9位
2017年
デイヴ・シャペルの冷静沈着&汚れた鳥の評価・感想
出来たてホヤホヤの新ネタと、超辛口だけど愛がいっぱいのジョークを散りばめた2つのスタンドアップ・スペシャルで、コメディ界の重鎮が激動の1年を振り返る。
10位
2016年
レジー・ワッツのスペーシャルの評価・感想
評価:1.0点
斬新なスタンドアップを作り上げる、個性的コメディアン。実験的な歌やお芝居もあれば、おかゆから銃にドラッグまでジョークで笑い飛ばす。即興満載ステージ。
11位
2018年
ジェイムズ・エイカスターのレパートリーの評価・感想
身のこなしも目の付けどころも一風変わった英国人コメディアンが、独自のアイデアや体験談など幅広いネタで笑わせるスタンドアップ4本立てスペシャル。
12位
2018年
相席食堂の評価・感想
全国各地の食堂に有名人が現れ、地元の人と相席をして交流。その様子に大人気漫才コンビの千鳥がツッコミを入れまくる、行き当たりばったりの旅バラエティ。
13位
2016年
ジョー・ローガンの閲覧注意!の評価・感想
評価:1.5点
子育てからサンタクロース、麻薬入りグミやイルカとのお喋りまで。詮索好きな性格でなんでもネタにする、強烈な個性の持ち主ジョー・ローガンのコメディライブ。
14位
2017年
オー、ハロー オン・ブロードウェイの評価・感想
評価:3.0点
妄想まみれでうだつが上がらないNY在住の老人2人が、昔話と"ツナへのこだわり"を織り交ぜて贈る大人気のブロードウェイ劇を収録。サプライズゲストも登場。
15位
2017年
ジェン・カークマンの人生楽しんだもん勝ちの評価・感想
評価:5.0点
女性の体のリアルな真実、おひとりさまの効果、イタリアのツアーガイドの幽霊疑惑。いつもクールなジェン・カークマンがお届けする、爆笑オンステージ。
16位
2017年
ハサン・ミンハジのホームカミング・キングの評価・感想
評価:5.0点
「ザ・デイリー・ショー」でおなじみハサン・ミンハジ。彼ならではの人種・移民ネタから、悲しいプロムとその後日談まで、故郷の舞台でキレキレの笑いを展開。
17位
2017年
マーク・マロンのまじリアルの評価・感想
評価:1.0点
スタンドアップのベテランコメディアンであるマーク・マロンが、瞑想や死、ドキュメンタリーなど、おかしな現代社会の妙を得意の"皮肉節"で一刀両断する!
18位
2017年
ラッセル・ハワードのコメディ・スペシャルの評価・感想
お得意の自虐ネタをさく裂させて、政治やSNSなど時事問題から、ポルノや自身の欠点といったプライベートな話までぶちまける。彼のモットーは、常に前向き!
19位
2017年
ジャック・ホワイトホールのやりたい放題の評価・感想
評価:4.5点
飲酒事情の英米比較から、ドラッグ、グーグル・マップの撮影車、さらには、永遠の宿敵ロバート・パティンソンの話まで、イギリス人視点で幅広いネタを披露!
20位
2018年
リッキー・ジャーヴェイスの人間嫌いの評価・感想
実に7年ぶりにスタンドアップの舞台に立ったリッキー・ジャーヴェイス。十八番である辛口ジョークで、有名人、老い、そして繊細すぎる現代社会をぶった切る。
21位
2018年
グレッグ・デイヴィスのセクシー・ビーストの評価・感想
笑いのためなら恥もかき捨て。悪夢のようなデート、下の毛処理の失敗談、父親のイタズラを包み隠さず告白。壊滅的に面白い英国人コメディアンのスタンドアップ。
22位
2015年
ディミトリ・マーティン: ライブ (あんときは)の評価・感想
評価:4.5点
ディミトリ・マーティンのライブを収録したNetflixオリジナルコメディ。ギター、毛のないネコ、カラーコーデなどの話題を独特の世界観で語る爆笑ライブ。
23位
2015年
アンソニー・ジェセルニック: 思いと祈りの評価・感想
評価:3.5点
持ち前の挑発的な物言いでタブーを捻じ曲げ、悲劇もあえてネタにする。ブラックジョークが冴えわたるスタンドアップコメディ。
24位
2016年
イライザ・シュレシンガーの一撃必殺の評価・感想
評価:1.5点
アドレナリン全開でスタンドアップ界にセンセーションを巻き起こすイライザ。女の性、飲み過ぎると現れる謎の別人格、リアリティ番組批判...ネタは本音のみ!
25位
2016年
ジミー・カーの怪しいビジネスの評価・感想
評価:1.5点
笑えるジョークを真顔で乱発するイギリス人コメディアンのジミー・カー。満席のロンドン有名会場ハマースミス・アポロが笑いの渦に包まれる!
26位
2016年
ガブリエル・イグレシアスの空腹時は取扱注意!の評価・感想
評価:2.5点
ギフトセットに見る人種差別、プリウスを乗り回す警察官、女性だらけのタコス屋台...。アロハシャツ大好きガブリエル・イグレシアスが爆笑ネタを大披露。
27位
2017年
アディティ・ミタルの誰にも言えない話の評価・感想
評価:2.0点
草分け的存在のコメディアン、アディティ・ミタルの独り舞台。独身生活やTバック、インド映倫のヘンな年齢規定など、多様なネタと赤裸々トークを引っさげ参上!
28位
2017年
マズ・ジョブラニの移民コメディの評価・感想
評価:4.5点
イラン系アメリカ人コメディアンがケネディセンターで大暴れ。トランプ政権下での移民生活、最近の子育ての落とし穴など、幅広いネタで観客の心を鷲掴み!
29位
2017年
ニール・ブレナンと3本のマイクの評価・感想
評価:4.5点
パンチの効いたジョークと魂のこもった独白。このありえないような組み合わせを斬新なコメディに昇華させた、ニール・ブレナン。新スタイルの笑いを体感せよ。
30位
2017年
ノーム・マクドナルド・ライブの評価・感想
評価:1.5点
ポーカーフェイスで放つピリッと辛口のジョークは、今なお健在。年を取り、その巧妙な語り口に一層磨きがかかったベテランコメディアン、待望の新作ライブ。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
234