NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 1856
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着社会ビジネス政治伝記歴史
科学・技術自然・生態系犯罪LGBT
スポーツ音楽・ミュージカルグルメ・トラベル

注目・人気のドキュメンタリー番組(243作品)

1位
2020年
アメリカン・マーダー: 一家殺害事件の実録の評価・感想
関係者などから入手した映像をそのまま使用して、シャナン・ワッツと彼女の幼い娘2人が失踪した事件の衝撃の顛末(てんまつ)をたどるドキュメンタリー。
2位
2019年
アルカセルの惨劇: 少女3人殺害事件の評価・感想
1992年、スペイン中を震かんさせた3人の少女殺害事件。関係者へのインタビューと新たな証拠分析から惨劇の全容を洗い出し、事件が残した爪痕を浮き彫りにする。
3位
2020年
未解決ミステリーの評価・感想
謎の失踪、衝撃の殺人、戦慄の超常体験。実際に起こった未解決事件や不可解な現象をドラマ化し、視聴者に情報提供を呼びかける人気シリーズが復活。
4位
2016年
潜入! 世界の危険な刑務所の評価・感想
調査報道記者のポール・コノリーが自ら囚人として、世界で最も危険とされる刑務所に潜入。狂暴な囚人たちとの生活、また刑務所内での暗黙のルールとは?
5位
2018年
アイ・アム・ア・キラー ~殺人鬼の独白~の評価・感想
死刑判決を受けた囚人たちが、自身の生い立ちや事件の真相をカメラの前で語る犯罪ドキュメンタリーシリーズ。当事者だからこその言葉が生々しい。
6位
2018年
ザ・ステアケース 〜階段で何が起きたのか〜の評価・感想
事件か事故か? 謎に満ちた妻の死により、作家マイケル・ピーターソンの私生活と人間性が微に入り細に入り調べられ、裁判という公の場でさらされていく。
7位
2019年
WWII最前線: カラーで甦る第二次世界大戦の評価・感想
真珠湾攻撃やDデーなど、第二次世界大戦の最前線で繰り広げられた激戦の歴史をたどるドキュメンタリー。カラー化された映像で、戦争の記録が鮮明によみがえる。
8位
2018年
腹ぺこフィルのグルメ旅の評価・感想
評価:4.5点
「Hey! レイモンド」の製作者フィル・ローゼンタールが、各地特有の食べ物と文化を求めて、バンコク、リスボン、メキシコシティーなど、世界中を旅する。
9位
2018年
トランプ: アメリカン・ドリームの評価・感想
友人、仕事仲間、批評家たちが明かす、ドナルド・トランプの真のアメリカン・ストーリー。がさつな実業家が予想に反して米大統領の座を勝ち取った軌跡をたどる。
10位
2012年
ミート・イーター 猟理の達人の評価・感想
狩猟家、作家、料理人、そして自然保護活動家でもあるスティーブン・リネラ。美しくも過酷な大自然に身を委ね、狩りの獲物を調理して自然への敬意と共に食す。
11位
2016年
ローマ帝国: 血塗られた統治の評価・感想
評価:3.5点
ローマ帝国を滅亡の道へと導いた愚鈍なるローマ皇帝・コモドゥスの統治時代を、ドキュメンタリーと歴史劇の手法を織り交ぜ、壮大なスケールで描いた歴史大作。
12位
2020年
オクトパスの神秘: 海の賢者は語るの評価・感想
南アフリカの海中に生息するタコに魅(み)せられた映像作家。タコとのふれ合いを通して特別なきずなを築く中、海の神秘に重ねて人生を見つめ直す。
13位
2020年
知られざる小動物の世界の評価・感想
驚異のサバイバル術を駆使しながら、未知の世界を探検する小動物たちの冒険を、アメリカ各地を舞台にドラマ仕立てで描くネイチャーシリーズ。
14位
2017年
キーパーズの評価・感想
評価:4.0点
虐待の罪で告訴された神父は、シスター・キャシー・セスニック殺害事件に関与していたのか? 1969年に発生した殺人事件の真実に迫るドキュメンタリーシリーズ。
15位
NEW
2020年
悠久の地、サッカラ遺跡: 眩き時代を語るの評価・感想
4千年以上も眠り続けていた新発見の墳墓を発掘するエジプトの考古学者たち。当時の息吹を残す遺跡を調査し、古代から連綿と続く歴史の糸を手繰り寄せてゆく。
16位
2020年
ガブリエル事件 -奪われた小さな命-の評価・感想
8歳の男子の虐待死をめぐり、保護者だけでなくソーシャルワーカーの刑事責任が問われた裁判で、ぜい弱な子供たちを守るべき児童福祉制度の問題が浮き彫りになる。
17位
2016年
未解決事件ファイル: 英国編の評価・感想
評価:2.5点
1985年のキャロル・パックマン失踪事件。夫が殺人罪で有罪判決を受けたものの、未だ遺体は見つかっていない。30年以上経った今、その真相を再検証する。
18位
2016年
オードリーとデイジーの評価・感想
評価:3.5点
面識のない2人の女子高生の共通点、それは顔見知りにレイプされたこと。さらには執拗なネット上のいじめと周囲の嫌がらせが始まる。悲痛なドキュメンタリー。
19位
2018年
邪悪な天才: ピザ配達人爆死事件の真相の評価・感想
銀行強盗の現行犯でピザ配達員が逮捕されるが、首にはめられた時限装置が爆発して死亡。世界を騒然とさせた不可解な事件は、そこからさらに奇妙な展開を遂げる。
20位
2020年
ろう者たちのキャンパスライフの評価・感想
ろう・難聴学生のためのギャローデット大学で学ぶ若者たちが、それぞれの関心事や悩みを語り、大学生活を送る様子を追うリアリティシリーズ。
21位
2018年
世界の"現実"旅行の評価・感想
核爆弾投下により出来上がった湖や呪われた樹海など、ジャーナリストのデヴィッド・ファリアーが世界各地の一風変わった"不気味な"観光地をめぐるシリーズ。
22位
2017年
運命の子供たちの評価・感想
インド最貧層の子供達のための全寮制学校"シャンティ・バヴァン"。ここで成長する5人の少女達が、貧困の連鎖を断ち切り新たな運命を切り開いていく姿を追う。
23位
2019年
マデリンちゃん失踪の真実の評価・感想
最愛の娘の失踪という突然の悲劇に見舞われた両親。だが、報道陣の過熱ぶりと捜査官の誤った思い込みが、失意のどん底にある両親の心にさらなる痛手をもたらす。
24位
2020年
オスマン帝国: 皇帝たちの夜明けの評価・感想
東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルを征服するという大志を抱き、突き進んだオスマン帝国の皇帝メフメト2世が、その後何世紀にもわたる歴史を大きく変える。
25位
2017年
自白映像ファイルの評価・感想
評価:4.5点
有罪判決を受けた殺人犯が、裁判後、自白は強要されたか、虚偽のものだと主張する実際の事件を取り上げるノンフィクションの犯罪ドキュメンタリー・シリーズ。
26位
2018年
アジアに棲む危険生物72種の評価・感想
野生生物が持つ牙、爪、そして猛毒の一撃。どれもこれも恐ろしい武器だが、一体どの生物が最も危険なのか? 野生生物の脅威を徹底検証し、最凶生物を決定する。
27位
2019年
ブロークン -危険な商品-の評価・感想
人気消費財の製造とマーケティングにみられる過失・怠慢や虚偽広告が、消費者にどれほど危険な結果をもたらすかを検証するドキュメンタリーシリーズ。
28位
2020年
監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影の評価・感想
ドキュメンタリーとドラマを織り交ぜて、自身が開発したテクノロジーに警鐘を鳴らす専門家らとともに、SNSが人間にどれほど危険な影響を及ぼすのかを検証する。
29位
2018年
Dope/ドープの評価・感想
評価:3.5点
麻薬の売人と常用者、そして警察当局。法を犯す側と取り締まる側双方の視点から、麻薬戦争の現状に迫る斬新な切り口のドキュメンタリーシリーズ。
30位
2017年
ラスト・チャンスの評価・感想
問題のある選手でも、才能があると見込めば積極的に引き抜く敏腕コーチが率いる、短大アメフトチーム。挫折を経験した学生たちが再起を賭けてしのぎを削る。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
23456789