NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 3441
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着社会ビジネス政治伝記歴史
科学・技術自然・生態系犯罪LGBT
スポーツ音楽・ミュージカルグルメ・トラベル

犯罪に関する人気ドキュメンタリー番組(45作品)

1位
2016年
オードリーとデイジーの評価・感想
評価:3.5点
面識のない2人の女子高生の共通点、それは顔見知りにレイプされたこと。さらには執拗なネット上のいじめと周囲の嫌がらせが始まる。悲痛なドキュメンタリー。
2位
2020年
アメリカン・マーダー: 一家殺害事件の実録の評価・感想
関係者などから入手した映像をそのまま使用して、シャナン・ワッツと彼女の幼い娘2人が失踪した事件の衝撃の顛末(てんまつ)をたどるドキュメンタリー。
3位
2020年
未解決ミステリーの評価・感想
謎の失踪、衝撃の殺人、戦慄の超常体験。実際に起こった未解決事件や不可解な現象をドラマ化し、視聴者に情報提供を呼びかける人気シリーズが復活。
4位
2018年
アイ・アム・ア・キラー ~殺人鬼の独白~の評価・感想
死刑判決を受けた囚人たちが、自身の生い立ちや事件の真相をカメラの前で語る犯罪ドキュメンタリーシリーズ。当事者だからこその言葉が生々しい。
5位
2020年
4度目の公判: ボストン警官殺人事件の評価・感想
1993年、当時10代のショーン・エリスは、ボストンで警官を射殺したとして有罪に。無実を訴え続ける彼の戦いが、警察の腐敗と根深い人種差別を浮き彫りにする。
6位
2016年
未解決事件ファイル: 英国編の評価・感想
評価:2.5点
1985年のキャロル・パックマン失踪事件。夫が殺人罪で有罪判決を受けたものの、未だ遺体は見つかっていない。30年以上経った今、その真相を再検証する。
7位
2020年
ヨークシャー・リッパー: 猟奇殺人事件の真相の評価・感想
1970年代後半、世界にその異名をとどろかせたイギリスの連続殺人鬼"ヨークシャーの切り裂き魔"。捜査当局は犯人特定、逮捕に至るまで大きな苦戦を強いられる。
8位
2017年
キーパーズの評価・感想
評価:4.0点
虐待の罪で告訴された神父は、シスター・キャシー・セスニック殺害事件に関与していたのか? 1969年に発生した殺人事件の真実に迫るドキュメンタリーシリーズ。
9位
2019年
マデリンちゃん失踪の真実の評価・感想
最愛の娘の失踪という突然の悲劇に見舞われた両親。だが、報道陣の過熱ぶりと捜査官の誤った思い込みが、失意のどん底にある両親の心にさらなる痛手をもたらす。
10位
2020年
ガブリエル事件 -奪われた小さな命-の評価・感想
8歳の男子の虐待死をめぐり、保護者だけでなくソーシャルワーカーの刑事責任が問われた裁判で、ぜい弱な子供たちを守るべき児童福祉制度の問題が浮き彫りになる。
11位
2018年
Dope/ドープの評価・感想
評価:3.5点
麻薬の売人と常用者、そして警察当局。法を犯す側と取り締まる側双方の視点から、麻薬戦争の現状に迫る斬新な切り口のドキュメンタリーシリーズ。
12位
2017年
自白映像ファイルの評価・感想
評価:4.5点
有罪判決を受けた殺人犯が、裁判後、自白は強要されたか、虚偽のものだと主張する実際の事件を取り上げるノンフィクションの犯罪ドキュメンタリー・シリーズ。
13位
2017年
ロングショットの評価・感想
評価:3.0点
覚えのない殺人容疑で逮捕されたフアン・カタラン。無罪を証明するため、ある人気TV番組が撮影した編集前の映像に望みを託す。裁判を追うドキュメンタリー。
14位
2018年
犯罪者と狂気の火種の評価・感想
連続殺人鬼、誘拐魔、カルトリーダー…。彼らはなぜ残忍な罪を犯すのか。様々な研究に基づき、その邪悪な心に潜む深い闇と非情な行動を分析し、狂気の根源を探る。
15位
2018年
汚れた真実の評価・感想
評価:3.0点
悪質なペイデイローン(給料担保貸し付け)業者や、排ガス試験の不正を行う自動車メーカーなど、欲と虚飾に満ちた会社ぐるみの違法行為をすっぱ抜く。
16位
2020年
フィアーシティ: ニューヨーク対マフィアの評価・感想
70年代から80年代のニューヨークを、恐怖で支配したマフィアの五大ファミリー。誰にも手出しできないと思われたその牙城を、連邦捜査員たちが崩しにかかる。
17位
2019年
殺人犯の視聴率の評価・感想
凶悪犯罪と戦うブラジルのTV司会者、ウォレス・ソウザは、政界へ進出。だが、番組で報じた数々の事件の黒幕が彼自身だという疑惑が浮上。正義と真実の行方とは?
18位
2020年
イノセンスファイルの評価・感想
相次ぐえん罪事件を調査し、当局の過失や偽りを暴くイノセンス・プロジェクト。事件の犠牲者や容疑者に押し付けられた、ゆがんだ正義が明らかになってゆく。
19位
2018年
ワイルド・ワイルド・カントリーの評価・感想
評価:4.0点
カルト集団を率いるインド人グルが、オレゴンの荒野に理想郷を建設。地元住民との摩擦から衝撃のスキャンダルまで、堕ちた宗教家の足跡をたどるドキュメンタリー。
20位
2017年
ワームウッド -苦悩-の評価・感想
評価:3.0点
冷戦時代、"MKウルトラ"計画の闇に飲み込まれた米国人科学者フランク・オルソン。再現映像を交え、エロール・モリス監督が彼の死の謎に迫るドキュメンタリー。
21位
2020年
内なる殺人者: アーロン・ヘルナンデスの素顔の評価・感想
アメフトのスター選手から冷酷な殺人犯へと転落したアーロン・ヘルナンデス。友人やNFL関係者らのインタビューを基に、彼が起こした衝撃の事件を再検証する。
22位
2019年
コンフェッション・キラー: 疑惑の自供の評価・感想
数百件もの未解決事件への関与を自供し、一躍時の人となったヘンリー・ルーカス。アメリカ史上最悪の連続殺人鬼の真実と、恐ろしい影響に迫るドキュメンタリー。
23位
2020年
化学者の麻薬スキャンダルの評価・感想
薬物を分析する2人の化学者による、司法制度をゆがませた衝撃的な犯罪。渦中の弁護士、司法当局、そして数千人もの受刑者に問う。一体、正義とは何なのか。
24位
2019年
グレゴリー事件: 迷宮入りの謎に迫るの評価・感想
4歳の幼き命を奪ったおぞましい犯人は一体誰なのか。怒とうの展開を見せる事件に国中の注目が集まるなか、息子を殺された若き夫婦が真相解明に心血を注ぐ。
25位
2018年
マーダー・マウンテン: ハンボルト郡へようこその評価・感想
カリフォルニア州ハンボルト郡。大麻の合法化により、世界中から旅行者が集まる大きなビジネスがもたらされたが、ここへ来た人の中には、謎の失踪を遂げる者も。
26位
2018年
パリ同時多発テロ事件: そのとき人々はの評価・感想
2015年11月13日、パリを襲った同時多発テロ。多くの犠牲者を出した夜の恐怖と人々の優しさや勇気を、現場に駆けつけた救急隊員や生存者たちが語る。
27位
2018年
世界の麻薬王: その光と闇の評価・感想
史上最も悪名高い麻薬王たちと、その片腕を担ぐ残虐な殺し屋たち。さらに彼らを追い、麻薬帝国を潰すために命を懸けた男女の、実話を描いたドキュメンタリー。
28位
2020年
マリセラ・エスコベド: 彼女は三度殺されたの評価・感想
娘を惨殺した犯人に無罪判決を下したメキシコ司法制度に抗議し、犯人の逮捕・収監を求め続けたひとりの母親のあくなき闘いを追ったドキュメンタリー。
29位
2016年
アイボリー・ゲームの評価・感想
評価:4.5点
象牙の密売ネットワークは世界規模だ。その影でアフリカ象は確実に絶滅へと近づいている。密猟、転売、公然と売られる現場に潜入した衝撃のドキュメンタリー。
30位
2018年
良心の糾明: 聖職者の児童虐待を暴くの評価・感想
スペインのカトリック系施設における児童性的虐待の申し立てについて、被害者や聖職者、ジャーナリストなど専門家へのインタビューを通してその疑惑を検証する。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
2