NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 6053
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着社会ビジネス政治伝記歴史
科学・技術自然・生態系犯罪LGBT
スポーツ音楽・ミュージカルグルメ・トラベル

犯罪に関する人気ドキュメンタリー番組(66作品)

1位
2022年
キープ・スイート: 祈りと服従の評価・感想
ウォレン・ジェフスが末日聖徒イエス・キリスト教会原理派を率いることになった経緯と、その恐ろしい犯罪に焦点をあてたドキュメンタリーシリーズ。
2位
2018年
ワイルド・ワイルド・カントリーの評価・感想
評価:4.0点
カルト集団を率いるインド人グルが、オレゴンの荒野に理想郷を建設。地元住民との摩擦から衝撃のスキャンダルまで、堕ちた宗教家の足跡をたどるドキュメンタリー。
3位
2022年
ガール・イン・ザ・ピクチャー: 写真はその闇を語るの評価・感想
道路脇でひん死の状態で発見された後、幼い息子と夫を名乗る男、不可解な謎を残して亡くなったひとりの女性。この事件をきっかけに明らかになった、悪夢のような真実に迫るドキュメンタリー。
4位
2021年
動機: 何が少年を狂気に駆り立てたのかの評価・感想
1986年、エルサレムで14歳の少年が就寝中の家族を至近距離から撃って殺害。関係者らの証言をもとに、今なお残る事件の謎に迫るドキュメンタリーシリーズ。
5位
2022年
インド凶悪殺人事件録: デリーの殺し屋の評価・感想
デリーにある刑務所の外に、警察宛の挑戦的な手紙とともにバラバラ死体が遺棄される事件が相次いで発生。やがて、警察に恨みを持つ殺人鬼の存在が捜査線上に浮上する。
6位
2021年
ブラリ事件: 11人家族集団死の真相の評価・感想
デリーに住む11人家族は、全員が変死体で発見された。これは自殺か、他殺か、それとも常識を超えた何かがあるのか。常軌を逸した事件の背景と衝撃の真相に迫る。
7位
2022年
インターネットで最も嫌われた男の評価・感想
ある日突然、娘の写真がリベンジポルノサイトに掲載された。娘やほかの被害者のために、悪意に満ちたこのサイトを閉鎖し、卑劣な創設者に罪を償わせようと立ち上がったある母親の長い戦いの記録。
8位
2021年
執念の捜査: ビルギット・マイヤー失踪事件の評価・感想
1989年に起こったビルギット・マイヤー失踪事件は、警察の不手際により長年未解決のまま。だが、彼女の兄は決して諦めず、粘り強く真相を追い続ける。
9位
2015年
殺人者への道の評価・感想
評価:3.5点
DNA鑑定で無実が確定した一人の冤罪被害者が、別の陰惨な事件の容疑者として浮上する。10年の歳月をかけて実在の事件を追ったドキュメンタリーシリーズ。
10位
2017年
キーパーズの評価・感想
評価:4.0点
虐待の罪で告訴された神父は、シスター・キャシー・セスニック殺害事件に関与していたのか? 1969年に発生した殺人事件の真実に迫るドキュメンタリーシリーズ。
11位
2022年
ジミー・サビル: 人気司会者の別の顔の評価・感想
ジミー・サビルの表の顔は、慈善活動を行う陽気で奇抜な国民的TVスター。だが、衝撃的な疑惑から発覚した裏の顔は、性的虐待を重ねてきた恐ろしい男だった。
12位
2021年
事件現場から: タイムズスクエア連続殺人事件の評価・感想
1970年代のニューヨーク市。殺人鬼は女性たちの命を奪っておぞましい衝動を満たし、捕まることなく街の雑踏に姿を消した。犯罪の深い闇に迫るドキュメンタリー。
13位
2021年
ビリー・ミリガン: 24の人格を持つ男の評価・感想
1970年代後半、性的暴行を重ねて逮捕された男は、犯行は別の人格が行ったものだと主張。彼の主張は本当か、責任能力はあるのか、全米が大きな議論に揺れてゆく。
14位
2018年
Dope/ドープの評価・感想
評価:3.5点
麻薬の売人と常用者、そして警察当局。法を犯す側と取り締まる側双方の視点から、麻薬戦争の現状に迫る斬新な切り口のドキュメンタリーシリーズ。
15位
2021年
レインコートキラー: ソウル20人連続殺人事件の評価・感想
2000年代初期、被害者の数だけでなく、その残虐な手口でソウルを震かんさせた連続殺人鬼ユ・ヨンチョルの事件を振り返るドキュメンタリーシリーズ。
16位
2022年
偽りなき偽りのデジタル社会: 死と嘘とインターネットの評価・感想
陰謀、詐欺、暴力、殺人。ネット環境に端を発する犯罪は増え続ける。そして、その脅威と影響はネットの世界に留まらず、またたくまに現実社会へと波及する。
17位
2022年
グラートベック人質事件: メディアが越えた一線の評価・感想
1988年8月に発生した、銀行強盗2人による人質事件。ドイツ警察との54時間にもわたる攻防の末、銃撃戦により3人の死者を出したこの事件の全貌に迫る。
18位
2018年
世界の麻薬王: その光と闇の評価・感想
史上最も悪名高い麻薬王たちと、その片腕を担ぐ残虐な殺し屋たち。さらに彼らを追い、麻薬帝国を潰すために命を懸けた男女の、実話を描いたドキュメンタリー。
19位
2022年
史上最悪のルームメイトの評価・感想
ルームメイトの正体。それは凶悪な詐欺師や冷酷な殺人鬼だった。悪夢のような同居生活の体験者たちが、その想像を絶する恐怖を語るドキュメンタリーシリーズ。
20位
2021年
犯罪事件簿: インドの悪に挑む者たちの評価・感想
インド、ベンガルール。4件の重大犯罪を捜査する警察官たちの姿をカメラが追う。捜査が進むにつれ、事件の背景にある複雑な事情や真相が明らかになっていく。
21位
2021年
真実の痕跡: 殺人犯に挑んだ女性たちの評価・感想
パリを恐怖に陥れた連続殺人犯、ギー・ジョルジュ。捜査官と被害者の母という立場の異なる女性2人が、犯人逮捕のために繰り広げたあくなき闘いを追う。
22位
2021年
マルタはどこへ消えたのか?の評価・感想
スペインのメディアを騒がせた、10代の少女マルタ・デル・カスティージョの失踪事件。いまだ未解決の事件を、マルタの家族や友人、捜査関係者らが語る。
23位
2021年
究極のペテン師: 人を操る天才たちの実像の評価・感想
英国スパイになりすまし、標的にした人々を巧みに操り金品を奪い取る冷酷な詐欺師。被害者とその家族の人生を狂わせ続け、究極のペテン師と呼ばれた男に迫る。
24位
2022年
私の娘を殺した男の評価・感想
娘を殺した犯人に正義の裁きを下すべく、何十年も闘い続けてきたひとりの父親が強硬手段に出る。フランスとドイツで起きた実際の事件を取り上げる犯罪ドキュメンタリー。
25位
2021年
カルロス、そしてもうひとりのカルロスの評価・感想
1983年に殺人容疑で逮捕されたカルロス・デルーナは、死刑に処されるまで無実を訴え続けていた。誤認逮捕と不当な裁判の裏側に迫るドキュメンタリー。
26位
2017年
自白映像ファイルの評価・感想
評価:4.5点
有罪判決を受けた殺人犯が、裁判後、自白は強要されたか、虚偽のものだと主張する実際の事件を取り上げるノンフィクションの犯罪ドキュメンタリー・シリーズ。
27位
2017年
ワームウッド -苦悩-の評価・感想
評価:3.0点
冷戦時代、"MKウルトラ"計画の闇に飲み込まれた米国人科学者フランク・オルソン。再現映像を交え、エロール・モリス監督が彼の死の謎に迫るドキュメンタリー。
28位
2018年
ユナボマー: 自らの言葉の評価・感想
若き天才はなぜ、米国史上最悪と言われる犯罪者になったのか。貴重なインタビュー映像を交え、テッド・カジンスキーが歩んだ道のりを振り返るドキュメンタリー。
29位
2021年
キャッチング・キラーズ: 連続殺人犯を追いつめた刑事たちの評価・感想
悪名高き連続殺人事件を担当した捜査官たちが、衝撃的な凶悪犯罪の恐るべき事実を思い起こす。徹底した捜査の内幕を描く犯罪ドキュメンタリーシリーズ。
30位
2017年
ピアーズ・モーガンと連続殺人犯たちの評価・感想
ピアーズ・モーガンが悪名高き連続殺人犯に獄中インタビュー。残虐な事件に再び光を当て、3人の受刑者との掘り下げた会話を通して犯行の動機を探る。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
23