NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 1628
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着社会ビジネス政治伝記歴史
科学・技術自然・生態系犯罪LGBT
スポーツ音楽・ミュージカルグルメ・トラベル

社会に関する人気ドキュメンタリー番組(63作品)

1位
2018年
ザ・ステアケース 〜階段で何が起きたのか〜の評価・感想
事件か事故か? 謎に満ちた妻の死により、作家マイケル・ピーターソンの私生活と人間性が微に入り細に入り調べられ、裁判という公の場でさらされていく。
2位
2017年
運命の子供たちの評価・感想
インド最貧層の子供達のための全寮制学校"シャンティ・バヴァン"。ここで成長する5人の少女達が、貧困の連鎖を断ち切り新たな運命を切り開いていく姿を追う。
3位
2018年
トランプ: アメリカン・ドリームの評価・感想
友人、仕事仲間、批評家たちが明かす、ドナルド・トランプの真のアメリカン・ストーリー。がさつな実業家が予想に反して米大統領の座を勝ち取った軌跡をたどる。
4位
2017年
投獄: カリーフ・ブラウダーの失われた時間の評価・感想
評価:5.0点
ブロンクス出身で10代のカリーフ・ブラウダー少年。裁判さえ開かれないまま投獄され、3年もの間、恐怖に怯えながら過ごすことになった理不尽な事件に迫る。
5位
2020年
イノセンスファイルの評価・感想
相次ぐえん罪事件を調査し、当局の過失や偽りを暴くイノセンス・プロジェクト。事件の犠牲者や容疑者に押し付けられた、ゆがんだ正義が明らかになってゆく。
6位
2018年
アメリカン・ミームの評価・感想
パリス・ヒルトン、ジョシュ・オストロフスキー、ブリタニー・ファーラン、キリル・ビチュスキー。SNSで独自の世界を築き上げた4人の光と影をフォローする。
7位
2019年
ブロークン -危険な商品-の評価・感想
人気消費財の製造とマーケティングにみられる過失・怠慢や虚偽広告が、消費者にどれほど危険な結果をもたらすかを検証するドキュメンタリーシリーズ。
8位
2018年
世界の"今"をダイジェストの評価・感想
世界中で加熱するK-POP人気、仮想通貨の台頭、ダイエットの落とし穴など様々な社会現象を、米国のニュース解説メディアVoxが幅広く取り上げ検証する。
9位
2018年
フリント・タウンの評価・感想
評価:3.5点
様々な問題を抱え混沌とした状況にあるミシガン州フリント。市民の不満は高まり一触即発の状態にあるこの町で、日々奮闘する警官の姿を2年以上にわたり追った。
10位
2018年
食品産業に潜む腐敗の評価・感想
食品供給の現場に密着したドキュメンタリーシリーズ。食べ物が我々の口に入るまでのプロセスに潜む不都合な真実と、食品産業を形作る隠された力を赤裸々に描く。
11位
2018年
汚れた真実の評価・感想
評価:3.0点
悪質なペイデイローン(給料担保貸し付け)業者や、排ガス試験の不正を行う自動車メーカーなど、欲と虚飾に満ちた会社ぐるみの違法行為をすっぱ抜く。
12位
2017年
自白映像ファイルの評価・感想
評価:4.5点
有罪判決を受けた殺人犯が、裁判後、自白は強要されたか、虚偽のものだと主張する実際の事件を取り上げるノンフィクションの犯罪ドキュメンタリー・シリーズ。
13位
2017年
アート・オブ・デザインの評価・感想
評価:4.5点
様々な分野で時代を切り開いてきたデザイナーたちに注目。その創造の源泉でもある内面に光を当てれば、生活のそこここに息づくデザインの力が見えてくる。
14位
2018年
格闘技の世界の評価・感想
格闘技を愛する俳優、フランク・グリロが世界を旅し、体を張って様々な格闘文化を体験。見えてくるのは連綿と続く各地の伝統、そしてファイター達が戦う理由。
15位
NEW
2020年
スペリング・ビーへの挑戦の評価・感想
全米最大規模のスペリング競技会で頂点を目指す4人の参加者を軸に、数十年にわたって上位を独占し続けるインド系アメリカ人の強さの秘密に迫る。
16位
2020年
裁判とメディアの評価・感想
マスコミの報道は裁判の結果を左右しうるのか。大きな注目を浴びた実際の事件の裁判を題材に、報道が判決に及ぼす影響を検証する犯罪ドキュメンタリー。
17位
2018年
最強のマーチング・バンドの評価・感想
最強の大学マーチング・バンドに密着。チームメンバーの座を賭けて仲間同士で競い合い、複雑な動作を覚えながらも社会生活に励みつつ、勝利をつかめ!
18位
2016年
オードリーとデイジーの評価・感想
評価:3.5点
面識のない2人の女子高生の共通点、それは顔見知りにレイプされたこと。さらには執拗なネット上のいじめと周囲の嫌がらせが始まる。悲痛なドキュメンタリー。
19位
2016年
ヒップホップ・エボリューションの評価・感想
評価:5.0点
ブロンクス生まれの一大音楽ジャンル、ヒップホップ。有名MCやDJ、大物業界人へのインタビューを通して、70年代から90年代の華麗なる変遷をたどる。
20位
2019年
ザ・ファミリー: 大国に潜む原理主義の評価・感想
米国政治の中核に根をはるキリスト教右派組織"ファミリー"。謎のベールに包まれたこの秘密結社は、国内だけでなく全世界にまで触手を伸ばす。
21位
2017年
カメラが捉えたキューバの評価・感想
評価:4.5点
エミー賞を受賞したビデオジャーナリストのジョン・アルパートが、キューバ激動の歴史を背景に40年にわたり現地に住む3家族の歩みを追ったドキュメンタリー。
22位
2017年
マーシャ・P・ジョンソンの生と死の評価・感想
評価:2.5点
伝説的なトランスジェンダー、マーシャ・P・ジョンソンが謎の死を遂げてから25年。激化する差別と戦い続ける活動家ビクトリア・クルスが、その死の真相に迫る。
23位
2018年
コーチ・スヌープの評価・感想
辛い幼少時代を過ごしたスヌープ・ドッグは、治安の悪い地域に住む子供達が問題を起こさぬよう、アメフトチームを設立し、人生の目標を持つ大切さを教えている。
24位
2020年
LA発オリジナルズ ~チカーノ・パワー~の評価・感想
写真家のエステバン・オリオールと彫り師のミスター・カートゥーンが、メキシコ系アメリカ人の力強いアートを、ストリートカルチャーやヒップホップに浸透させた。
25位
2018年
危機一髪! テロリズムの評価・感想
壊滅的なテロ犯罪を画策するテロリストたち。恐るべき陰謀を間一髪のところで阻止した捜査官たちが、事件解決の舞台裏を語る。
26位
2019年
"こころ"をダイジェストの評価・感想
人間の脳の中では日々何が起きているのか。夢のメカニズムから不安障害まで、興味深い現象をキーワードにして脳のさまざまな仕組みにスポットライトを当てる。
27位
2016年
チェルシーがモノ申すの評価・感想
評価:2.5点
歯に衣着せないコメディアンのチェルシー・ハンドラーが、自身のそして社会の四大関心事を掘り下げる、刺激的ドキュメンタリーシリーズ。
28位
2016年
13th -憲法修正第13条-の評価・感想
評価:4.5点
現代の米国の社会問題に、アフリカ系アメリカ人の"大量投獄"がある。黒人が犯罪者として逮捕されやすい事実を学者、活動家、政治家が分析するドキュメンタリー。
29位
2018年
リハビリ・ボーイズ: 一歩ずつ前への評価・感想
オピオイド中毒がまん延する地域で、長年の薬物中毒を乗り越えて人生をやり直すために、農場住込型のリハビリに参加した4人の男性の18ヵ月間を追う。
30位
2016年
イントゥ・ザ・インフェルノ: マグマの世界の評価・感想
評価:4.0点
世界各地の大噴火や煌々と流れる溶岩の迫力の映像とともに、火山を畏れ敬う人々の儀式を取材し、火山と人間の関係を考えるヴェルナー・ヘルツォーク監督作品。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
23