NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 8142
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着社会ビジネス政治伝記歴史
科学・技術自然・生態系犯罪LGBT
スポーツ音楽・ミュージカルグルメ・トラベル

社会に関する人気ドキュメンタリー番組(76作品)

1位
2022年
快楽の原則 -私たちの歓びを求めて-の評価・感想
女性の快楽という複雑な問題に焦点をあて、女性の性をめぐるさまざまな誤解や通説を検証。セックス、歓び、最先端科学を融合させた、目からウロコのシリーズ。
2位
2017年
運命の子供たちの評価・感想
インド最貧層の子供達のための全寮制学校"シャンティ・バヴァン"。ここで成長する5人の少女達が、貧困の連鎖を断ち切り新たな運命を切り開いていく姿を追う。
3位
2017年
自白映像ファイルの評価・感想
評価:4.5点
有罪判決を受けた殺人犯が、裁判後、自白は強要されたか、虚偽のものだと主張する実際の事件を取り上げるノンフィクションの犯罪ドキュメンタリー・シリーズ。
4位
2018年
トランプ: アメリカン・ドリームの評価・感想
友人、仕事仲間、批評家たちが明かす、ドナルド・トランプの真のアメリカン・ストーリー。がさつな実業家が予想に反して米大統領の座を勝ち取った軌跡をたどる。
5位
2022年
今、父を殺しました -ある虐待少年の叫び-の評価・感想
自らの手で父を撃ち殺し、その罪を認めたアンソニー・テンプレット。彼はなぜ事件を起こしたのか? やがて見えてきたのは、一家の問題にとどまらない深い闇だった。
6位
2022年
偽りなき偽りのデジタル社会: 死と嘘とインターネットの評価・感想
陰謀、詐欺、暴力、殺人。ネット環境に端を発する犯罪は増え続ける。そして、その脅威と影響はネットの世界に留まらず、またたくまに現実社会へと波及する。
7位
2018年
バスタブとブロードウェイ: もうひとつのミュージカル世界の評価・感想
「レイト・ショー・ウィズ・デヴィッド・レターマン」のコメディー作家だった男が見つけた、奇妙でおかしな'企業ミュージカル'の世界を紹介するドキュメンタリー。
8位
2018年
クリスチャン・アマンプール: 世界の恋愛&セックスの評価・感想
6つの国際都市に住む男女の愛情表現、特にセックス事情にフォーカス。文化的背景や現在の状況も含め、CNNのクリスチャン・アマンプールが取材する。
9位
2015年
殺人者への道の評価・感想
評価:3.5点
DNA鑑定で無実が確定した一人の冤罪被害者が、別の陰惨な事件の容疑者として浮上する。10年の歳月をかけて実在の事件を追ったドキュメンタリーシリーズ。
10位
2017年
投獄: カリーフ・ブラウダーの失われた時間の評価・感想
評価:5.0点
ブロンクス出身で10代のカリーフ・ブラウダー少年。裁判さえ開かれないまま投獄され、3年もの間、恐怖に怯えながら過ごすことになった理不尽な事件に迫る。
11位
2017年
カメラが捉えたキューバの評価・感想
評価:4.5点
エミー賞を受賞したビデオジャーナリストのジョン・アルパートが、キューバ激動の歴史を背景に40年にわたり現地に住む3家族の歩みを追ったドキュメンタリー。
12位
2018年
フリント・タウンの評価・感想
評価:3.5点
様々な問題を抱え混沌とした状況にあるミシガン州フリント。市民の不満は高まり一触即発の状態にあるこの町で、日々奮闘する警官の姿を2年以上にわたり追った。
13位
2022年
アダム・コノヴァーと
否が応でも、我々の生活に多大なる影響を与えている政府。その功績と失態を振り返り、どうしたら政府を変えられるのかをアダム・コノヴァーが考察する。
14位
2020年
Youth v Gov: 私たちの気候変動訴訟の評価・感想
気候危機を生み出すことに加担したとして、合衆国政府を相手取り訴訟を起こした21名の若者たち。その裁判の経緯を追ったドキュメンタリー。
15位
2021年
映画という文化 -レンズ越しの景色-の評価・感想
観る者を魅了し、混乱させ、そして挑発し、さらには人生まで変えてしまうのが映画の力。映画への大切な思いがさまざまな角度から語られる、映像エッセー集。
16位
2021年
ワタシが
DNA検査によって、いとこ同士であることがわかった3人の女の子。それぞれ別のアメリカ人家族に育てられた3人は、実の親と再会するため祖国中国を訪ねる。
17位
2021年
カルロス、そしてもうひとりのカルロスの評価・感想
1983年に殺人容疑で逮捕されたカルロス・デルーナは、死刑に処されるまで無実を訴え続けていた。誤認逮捕と不当な裁判の裏側に迫るドキュメンタリー。
18位
2021年
ヴェンデッタ -真実、嘘、マフィア-の評価・感想
反マフィア運動で知られるシチリア島。だが、マフィア撲滅のために前線で闘う者たちが起訴されてしまったら...? 裁判の経緯、そして判決に至る過程を振り返る。
19位
2019年
デヴィッド・クロスビー: リメンバーマイネームの評価・感想
類いまれな才能、周囲との衝突、薬物依存の日々。デヴィッド・クロスビーが自身のキャリアや波乱の人生についてユーモアと毒舌を交えて語るドキュメンタリー。
20位
2017年
覗くモーテルの評価・感想
評価:3.0点
長年に渡りモーテルの客室を覗き続けた男の告白を、1冊の本に著した大物ジャーナリスト。だがその衝撃的な内容は、見る側だった男を見られる側へと変えていく。
21位
2017年
アート・オブ・デザインの評価・感想
評価:4.5点
様々な分野で時代を切り開いてきたデザイナーたちに注目。その創造の源泉でもある内面に光を当てれば、生活のそこここに息づくデザインの力が見えてくる。
22位
2018年
コーチ・スヌープの評価・感想
辛い幼少時代を過ごしたスヌープ・ドッグは、治安の悪い地域に住む子供達が問題を起こさぬよう、アメフトチームを設立し、人生の目標を持つ大切さを教えている。
23位
2018年
食品産業に潜む腐敗の評価・感想
食品供給の現場に密着したドキュメンタリーシリーズ。食べ物が我々の口に入るまでのプロセスに潜む不都合な真実と、食品産業を形作る隠された力を赤裸々に描く。
24位
2018年
汚れた真実の評価・感想
評価:3.0点
悪質なペイデイローン(給料担保貸し付け)業者や、排ガス試験の不正を行う自動車メーカーなど、欲と虚飾に満ちた会社ぐるみの違法行為をすっぱ抜く。
25位
2022年
ステイ・オン・ボード: レオ・ベイカーのストーリーの評価・感想
一流スケートボーダーとして知られるレオ・ベイカーが、成功への道のりを振り返るとともに、トランスジェンダーの男性としての自分と自らのキャリアのはざまで葛藤した日々を語る。
26位
2022年
とんでもカオス!: ウッドストック1999の評価・感想
1969年のウッドストックが平和と音楽の象徴なら、1999年のウッドストックが象徴するのは激しい怒りと暴動。時をこえて復活した数日間の音楽イベントは、一体なぜ危険なカオスと化したのか。
27位
2022年
シモン・ペレス 生涯の軌跡 -夢を信じて-の評価・感想
権力ではなく平和を追い求めた希代の政治家シモン・ペレス。その影響力と高潔さで歴史に名を残した男は、どのようにしてイスラエルという国の礎を築いたのか。
28位
2022年
Civil -弁護士ベン・クランプ-の評価・感想
夫として父として、そして公民権運動の中心的存在として...。黒人たちのために闘い続けるアメリカの人権弁護士、ベン・クランプを追ったドキュメンタリー。
29位
2022年
生田斗真 挑むの評価・感想
芝居、伝統、魂...。俳優・生田斗真が、長年の友人である歌舞伎役者・尾上松也とともに自身初の歌舞伎の舞台に挑戦する姿を追うドキュメンタリー。
30位
2022年
ジェニファー・ロペス: ハーフタイムの評価・感想
類いまれなる才能で築いた多彩なキャリアと、スポットライトを浴び続ける人生の重圧。世界的なスーパースター、ジェニファー・ロペスに密着するドキュメンタリー。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
23