NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 6621
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着社会ビジネス政治伝記歴史
科学・技術自然・生態系犯罪LGBT
スポーツ音楽・ミュージカルグルメ・トラベル

社会に関する人気ドキュメンタリー番組(76作品)

1位
2022年
快楽の原則 -私たちの歓びを求めて-の評価・感想
女性の快楽という複雑な問題に焦点をあて、女性の性をめぐるさまざまな誤解や通説を検証。セックス、歓び、最先端科学を融合させた、目からウロコのシリーズ。
2位
2022年
ネイマール: パーフェクト・カオスの評価・感想
世界中で愛されているがゆえに、厳しい批判にさらされることも多いネイマールが、優れたサッカー選手としてのキャリアと私生活の浮き沈みを語る。
3位
2018年
トランプ: アメリカン・ドリームの評価・感想
友人、仕事仲間、批評家たちが明かす、ドナルド・トランプの真のアメリカン・ストーリー。がさつな実業家が予想に反して米大統領の座を勝ち取った軌跡をたどる。
4位
2021年
ヴェンデッタ -真実、嘘、マフィア-の評価・感想
反マフィア運動で知られるシチリア島。だが、マフィア撲滅のために前線で闘う者たちが起訴されてしまったら...? 裁判の経緯、そして判決に至る過程を振り返る。
5位
2021年
真実の痕跡: 殺人犯に挑んだ女性たちの評価・感想
パリを恐怖に陥れた連続殺人犯、ギー・ジョルジュ。捜査官と被害者の母という立場の異なる女性2人が、犯人逮捕のために繰り広げたあくなき闘いを追う。
6位
2018年
汚れた真実の評価・感想
評価:3.0点
悪質なペイデイローン(給料担保貸し付け)業者や、排ガス試験の不正を行う自動車メーカーなど、欲と虚飾に満ちた会社ぐるみの違法行為をすっぱ抜く。
7位
2022年
偽りなき偽りのデジタル社会: 死と嘘とインターネットの評価・感想
陰謀、詐欺、暴力、殺人。ネット環境に端を発する犯罪は増え続ける。そして、その脅威と影響はネットの世界に留まらず、またたくまに現実社会へと波及する。
8位
2020年
三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実の評価・感想
学生運動が激化していた1969年5月、東大駒場キャンパスで行われた三島由紀夫と東大全共闘との伝説の討論会を、13人の証言者とひも解くドキュメンタリー。
9位
2017年
運命の子供たちの評価・感想
インド最貧層の子供達のための全寮制学校"シャンティ・バヴァン"。ここで成長する5人の少女達が、貧困の連鎖を断ち切り新たな運命を切り開いていく姿を追う。
10位
2017年
自白映像ファイルの評価・感想
評価:4.5点
有罪判決を受けた殺人犯が、裁判後、自白は強要されたか、虚偽のものだと主張する実際の事件を取り上げるノンフィクションの犯罪ドキュメンタリー・シリーズ。
11位
2018年
グロリア・オールレッド: 女性の正義のためにの評価・感想
評価:4.5点
性差別・性的虐待を伴う案件が得意なフェミニスト弁護士グロリア・オールレッド。政財界から芸能界までセレブ弁護士としても有名な彼女の公私にわたる素顔に迫る。
12位
2018年
フリント・タウンの評価・感想
評価:3.5点
様々な問題を抱え混沌とした状況にあるミシガン州フリント。市民の不満は高まり一触即発の状態にあるこの町で、日々奮闘する警官の姿を2年以上にわたり追った。
13位
2022年
メルトダウン: 今語られるスリーマイル島原発事故の評価・感想
米国ペンシルベニア州スリーマイル島で発生した原子力発電所事故。当時の出来事を振り返り、事故後に持ち上がった疑惑や今なお尾を引くその影響を関係者が語る。
14位
2021年
カルロス、そしてもうひとりのカルロスの評価・感想
1983年に殺人容疑で逮捕されたカルロス・デルーナは、死刑に処されるまで無実を訴え続けていた。誤認逮捕と不当な裁判の裏側に迫るドキュメンタリー。
15位
2018年
クリスチャン・アマンプール: 世界の恋愛&セックスの評価・感想
6つの国際都市に住む男女の愛情表現、特にセックス事情にフォーカス。文化的背景や現在の状況も含め、CNNのクリスチャン・アマンプールが取材する。
16位
2017年
アート・オブ・デザインの評価・感想
評価:4.5点
様々な分野で時代を切り開いてきたデザイナーたちに注目。その創造の源泉でもある内面に光を当てれば、生活のそこここに息づくデザインの力が見えてくる。
17位
2021年
映画という文化 -レンズ越しの景色-の評価・感想
観る者を魅了し、混乱させ、そして挑発し、さらには人生まで変えてしまうのが映画の力。映画への大切な思いがさまざまな角度から語られる、映像エッセー集。
18位
2015年
殺人者への道の評価・感想
評価:3.5点
DNA鑑定で無実が確定した一人の冤罪被害者が、別の陰惨な事件の容疑者として浮上する。10年の歳月をかけて実在の事件を追ったドキュメンタリーシリーズ。
19位
2020年
Youth v Gov: 私たちの気候変動訴訟の評価・感想
気候危機を生み出すことに加担したとして、合衆国政府を相手取り訴訟を起こした21名の若者たち。その裁判の経緯を追ったドキュメンタリー。
20位
2021年
137発の弾丸の評価・感想
警官が黒人を死に至らしめるという事件が複数発生したクリーブランド。全米で正義を求める声が高まる中、渦中の警察に対して厳しい調査が行われる。
21位
2021年
ワタシが
DNA検査によって、いとこ同士であることがわかった3人の女の子。それぞれ別のアメリカ人家族に育てられた3人は、実の親と再会するため祖国中国を訪ねる。
22位
2021年
ビリオンダラー・コード: 制作の舞台裏の評価・感想
ART+COMの関係者たちが、「ビリオンダラー・コード」のキャストとスタッフとともに、シリーズの題材となった実際の訴訟事件の事実関係と経緯を明かす。
23位
2021年
犯罪事件簿: インドの悪に挑む者たちの評価・感想
インド、ベンガルール。4件の重大犯罪を捜査する警察官たちの姿をカメラが追う。捜査が進むにつれ、事件の背景にある複雑な事情や真相が明らかになっていく。
24位
2019年
デヴィッド・クロスビー: リメンバーマイネームの評価・感想
類いまれな才能、周囲との衝突、薬物依存の日々。デヴィッド・クロスビーが自身のキャリアや波乱の人生についてユーモアと毒舌を交えて語るドキュメンタリー。
25位
2013年
シティ・オブ・ゴッド: 10年後の評価・感想
素人を役者として使い、スラム街の子供たちを描いた衝撃的なブラジル映画「シティ・オブ・ゴッド」公開から10年。再集結した俳優らが、その後の人生を語る。
26位
2017年
投獄: カリーフ・ブラウダーの失われた時間の評価・感想
評価:5.0点
ブロンクス出身で10代のカリーフ・ブラウダー少年。裁判さえ開かれないまま投獄され、3年もの間、恐怖に怯えながら過ごすことになった理不尽な事件に迫る。
27位
2018年
コーチ・スヌープの評価・感想
辛い幼少時代を過ごしたスヌープ・ドッグは、治安の悪い地域に住む子供達が問題を起こさぬよう、アメフトチームを設立し、人生の目標を持つ大切さを教えている。
28位
2022年
シモン・ペレス 生涯の軌跡 -夢を信じて-の評価・感想
権力ではなく平和を追い求めた希代の政治家シモン・ペレス。その影響力と高潔さで歴史に名を残した男は、どのようにしてイスラエルという国の礎を築いたのか。
29位
2022年
Civil -弁護士ベン・クランプ-の評価・感想
夫として父として、そして公民権運動の中心的存在として...。黒人たちのために闘い続けるアメリカの人権弁護士、ベン・クランプを追ったドキュメンタリー。
30位
2022年
800メートルの恐怖: バルセロナ・テロ事件の評価・感想
2017年、スペインで発生した2つのテロ攻撃。どちらも実行犯は、スペイン国内に暮らす若者たちだった。このような事態が起こった背景を、鋭い視点から検証する。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
23