NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 5547
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着サスペンス・ミステリーノンフィクション
ヒューマンコメディ恋愛青春・学園キッズ
アクションSF・ファンタジー戦争・軍事ホラー

ノンフィクション系の人気映画ランキング(99作品)

1位
2018年
正義のレジスタンスの評価・感想
ナチス占領下のオランダで、レジスタンスを支え、多くの人命を救った地下銀行。大切な家族と自らの危険も顧みず、その設立と運営に奔走した銀行家の足跡を追う。
2位
2017年
砂の城の評価・感想
評価:3.0点
2003年、戦火に揺れるイラクの紛争地域。ある村の給水系統の復旧を命じられた兵士たちは、村人と己の未来を守るため、命を賭けた危険な任務に挑んでいく。
3位
2017年
6日間の評価・感想
評価:3.0点
1980年。武装したテロリストらが駐英イラン大使館を占拠した。緊迫が高まる中、立てこもり6日目を迎え、ついに英陸軍特殊部隊SASが突入作戦を決行する。
4位
2011年
阿部定 ~最後の七日間~の評価・感想
昭和11年、日本中を震撼させた"阿部定事件"。愛人・吉蔵殺害の罪で逮捕された娼婦・定の証言を基に、事件の真相が語られる。定は本当に吉蔵を殺したのか?
5位
2018年
神の日曜日の評価・感想
評価:3.5点
キリスト教の根本主義者、カールトン・ピアソン牧師に信仰の危機が訪れ、新たな精神的な道へといざなわれる。それは彼の人生における全てを脅かす危険な道だった。
6位
2018年
炎の裁きの評価・感想
自らの子供を焼死させた罪で死刑判決を受けた男。彼と知り合い、特別なきずなを育んでゆくなかで、その無実を信じたひとりの女性がえん罪を証明しようと奔走する。
7位
1976年
愛のコリーダの評価・感想
昭和11年、料亭の住込み女中となった定は店の主人に惹かれ、情事を重ねる仲となる。駆け落ちした2人は、どんどん快楽の世界にのめり込んでいく...。
8位
2021年
だって私は女なのの評価・感想
1960年代のポーランドで絶大な人気を誇るスター、カリーナ・イェドルシク。だが、彼女に熱をあげるも拒まれた大物がそのキャリアを潰そうと画策する。
9位
2021年
ゼロからのヒーローの評価・感想
パラリンピック陸上競技で世界記録を樹立したソー・ワーワイ。その栄光の裏には、数々の困難をともに乗りこえた母とのきずながあった...。実話に基づく物語。
10位
2021年
ヤーラの評価・感想
13歳の少女が行方不明に。事件の捜査に没頭するひとりの検事が、真実を突き止めるために前代未聞の強硬手段に出る。実際に起きた事件を映画化したサスペンス。
11位
1971年
激動の昭和史 沖縄決戦の評価・感想
太平洋戦争末期、米軍の大規模な水陸両用作戦を受け、長きにわたる猛烈な砲爆撃で多数の市民が犠牲になった悲劇の沖縄戦。その全貌を映像化した戦争大作。
12位
2019年
セバーグの評価・感想
1960年代のロサンゼルス。ブラックパンサー党を支援したことから、俳優のジーン・セバーグはFBIの捜査対象となってしまい...。実話に基づく物語。
13位
2013年
ユダの評価・感想
少女は過去と決別し、夜の世界に飛び込む。No. 1キャバクラ嬢にのし上がっても、心には深い孤独と怖れが。欲望の世界を走り続ける彼女が行き着く先とは?
14位
2018年
GOYO: 若き将軍の評価・感想
男らしく女性にも人気の"ゴヨ"ことグレゴリオ・デル・ピラールはフィリピンが誇る若き将軍の1人。記録的なヒットとなった歴史映画「Heneral Luna (原題)」の続編。
15位
2022年
レスキュードッグ・ルビーの評価・感想
エリートぞろいの警察犬部隊に入ることを夢見る警察官と賢いがやんちゃすぎる保護犬のルビーが出会い、かけがえのない相棒となる。実話に基づく物語。
16位
2009年
ココ・アヴァン・シャネルの評価・感想
孤児院で育った後、お針子、キャバレーの歌手を経て、パリオートクチュール界を席巻する伝説のデザイナーにまで登り詰めたココ・シャネルの半生を描いた物語。
17位
1966年
燃えよ剣の評価・感想
剣1本でのし上がろうと信念に燃える土方歳三。幕末の京都で、新選組副長として名をはせるようになった土方の前に、宿命のライバル・七里研之助が立ちふさがる。
18位
2018年
マウトハウゼンの写真家の評価・感想
強制収容所の囚人となった写真家が、危険を冒して盗み出した写真のネガ。そこにはナチスのおぞましい所業が写し出されていた...。実話を基にした衝撃の物語。
19位
2021年
アミナの評価・感想
16世紀のナイジェリア。ザザウ王国(現在のザリア)の王女アミナは戦闘の武術を学び、やがて自国を守るため軍を率いて戦いに身を投じる。史実に基づく作品。
20位
2012年
すべては「裸になる」から始まっての評価・感想
18歳でデビューしAVクイーンの座に就いた森下くるみ。引退後、生い立ちや撮影現場の様子を赤裸々に綴った自伝的小説を出版した彼女に、映画化の話が持ち上がる。
21位
2015年
ビリギャルの評価・感想
成績が学年ビリのギャル高校生は、心配した母の勧めで塾に通い始め、ノリで超難関大学の受験を宣言。前向きな塾講師と二人三脚で、前途多難な受験勉強が始まる。
22位
2020年
ノートブック -愛するあなたへ-の評価・感想
末期がんを宣告された女性が、人生や死、愛について息子に伝えたいメッセージをつづったこの世にひとつだけのノートブックを作る。実話を基にした作品。
23位
2018年
アリの結婚の評価・感想
メルボルンに暮らす若者アリは、イラク生まれのイスラム教牧師の息子。家族の期待に応えるためについた小さなウソが、抜き差しならない状況へと展開していく。
24位
2016年
シャチの見える灯台の評価・感想
評価:4.0点
大自然の中で野生のシャチと触れ合うことが、感情表現ができない自閉症の息子の助けになるかもしれない。母親は息子を連れてパタゴニアに住むレンジャーを訪れる。
25位
2002年
戦場のピアニストの評価・感想
ナチス・ドイツのポーランド侵攻。この日からシュピルマンの苦難の日々が始まった…。廃墟のワルシャワを生き抜いたピアニストの回想録を基にした感動の物語。
26位
2009年
余命1ヶ月の花嫁の評価・感想
乳がんのことを告げないまま太郎と交際を始めた千恵。一度は別れを決意したが、一緒に頑張ろうという彼の言葉に動かされ2人で生きていこうと決意するが...。
27位
2012年
のぼうの城の評価・感想
城に迫り来る大軍を前に、のんきな城主は降伏するかと思いきや、何を思ったか抗戦を宣言。絶対不利な戦力差にひるみもしない城主は天才か? ただのでくのぼうか?
28位
2016年
バリーの評価・感想
評価:3.5点
若き日のバラク・オバマは、進学のためNYへ。世界一刺激的な街で、人種、文化、そして自分自身と向き合ってゆく。第44代大統領の大学時代を描いた青春映画。
29位
2017年
アメリカで最も嫌われた女性の評価・感想
評価:2.5点
キリスト教に挑戦状を叩きつけ、大論争を巻き起こしたマデリン・マリー・オヘア。最高裁まで争われた宗教戦争や衝撃的な失踪事件など、彼女の数奇な人生を追う。
30位
2017年
ウォー・マシーン: 戦争は話術だ!の評価・感想
評価:2.5点
誰も望まない戦争の駐在軍司令官に任命された大将は、それでも勝つと心に誓い、周りの混乱や意見はお構いなしに突き進む。思い上がりこそ最大の敵だと知らず…。
≪ 前のページ
次のページ ≫
1
234