NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 979
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着コメディリアリティ恋愛

注目・人気のバラエティ番組(175作品)

61位
2017年
ジム・ノートンの下品でごめんねの評価・感想
評価:3.5点
歯に衣着せぬこの男の辞書に、恥という文字はない。恋愛、欲望、そして人には言えない性癖など、ジム・ノートンが赤裸々に語り尽くす!
62位
2017年
ビル・ナイが世界を救うの評価・感想
評価:1.0点
エミー賞受賞歴を持つビル・ナイが、セレブや専門家など豪華ゲストをラボに招いて、我々の生活に深くかかわる科学的な問題を取り上げるトークショー。
63位
2018年
クリス・ロックのタンバリンの評価・感想
評価:4.0点
クリス・ロック旋風がブルックリンの舞台を駆け抜ける! 子育ての極意から浮気に離婚バトル、米国政治まで、公私にわたる旬な話題を痛烈な笑いに変えて徹底分析。
64位
2019年
パーフェクト・スイーツ: クリスマス編の評価・感想
「パーフェクト・スイーツ」ホリデー特別編。材料を入れ忘れ、手順をまちがえたおかしは笑っちゃうくらいグチャグチャだけど、お祭り気分で失敗も楽しんじゃおう!
65位
2018年
GO! アニッタの評価・感想
ブラジルのポップス界を代表するアニッタが友人や家族といる時の素顔に迫る。彼女は毎月新しい歌とミュージックビデオをリリースするというアイデアを出す。
66位
2018年
フランコ・エスカミーリャのここだけの裏話の評価・感想
ネタのためなら何も恐れず体当たり。実生活の体験をネタにした爆笑ジョークを飛ばすメキシコ人コメディアン、フランコ・エスカミーリャの抱腹絶倒ライブ。
67位
2018年
ミシェル・ウルフとブレイクをの評価・感想
ゲストとのトークや、コント、ライブを通して時事問題を取り上げる番組をミシェル・ウルフが毎週お届け。彼女ならではのズバッと鋭いツッコミに、みんなタジタジ!?
68位
2018年
エニッサ・アマニの誓って言うわの評価・感想
ハンブルクのライブで、イラン系ドイツ人コメディアンが国内エンジニアリング力や税金事情、ネットにおけるファンメールの"おきて"を語り、自国ドイツを丸裸に!
69位
2016年
イライザ・シュレシンガーの一撃必殺の評価・感想
評価:1.5点
アドレナリン全開でスタンドアップ界にセンセーションを巻き起こすイライザ。女の性、飲み過ぎると現れる謎の別人格、リアリティ番組批判...ネタは本音のみ!
70位
2016年
ガブリエル・イグレシアスの空腹時は取扱注意!の評価・感想
評価:2.5点
ギフトセットに見る人種差別、プリウスを乗り回す警察官、女性だらけのタコス屋台...。アロハシャツ大好きガブリエル・イグレシアスが爆笑ネタを大披露。
71位
2016年
ジョー・ローガンの閲覧注意!の評価・感想
評価:1.5点
子育てからサンタクロース、麻薬入りグミやイルカとのお喋りまで。詮索好きな性格でなんでもネタにする、強烈な個性の持ち主ジョー・ローガンのコメディライブ。
72位
2016年
アリ・ウォンのオメデタ人生?!の評価・感想
評価:5.0点
性へのあくなき探求心、捨てられない症候群、妊娠までの苦労、フェミニズム批判など、女の本音をぶちまけるアリ・ウォンのスタンドアップ・コメディライブ。
73位
2017年
マーク・マロンのまじリアルの評価・感想
評価:1.0点
スタンドアップのベテランコメディアンであるマーク・マロンが、瞑想や死、ドキュメンタリーなど、おかしな現代社会の妙を得意の"皮肉節"で一刀両断する!
74位
2017年
キャサリン・ライアンのトラブルメーカーの評価・感想
評価:3.5点
スタンドアップ・コメディアンのキャサリン・ライアン登場! 今まで付き合った男達、大嫌いな故郷の町、発言が大勢の怒りを買った件…大人女子による攻めの笑い!
75位
2017年
ジム・ガフィガンのナンバー5の評価・感想
評価:2.5点
アメリカで、家族と一緒に安心して楽しめる健全でクリーンなコメディといえば、この人。自身5回目となるスペシャルショーで、1時間たっぷり笑わせます!
76位
2017年
クリス・デリーアのマイ・ボディガードの評価・感想
評価:1.5点
三十路を過ぎても落ち着く気配ゼロのクリス・デリーア。男友達からズボンを贈られた時の"気味悪さ"や、結婚や子供のいない人生について独自の理論をぶちまける。
77位
2017年
ラッセル・ハワードのコメディ・スペシャルの評価・感想
お得意の自虐ネタをさく裂させて、政治やSNSなど時事問題から、ポルノや自身の欠点といったプライベートな話までぶちまける。彼のモットーは、常に前向き!
78位
2017年
ノーム・マクドナルド・ライブの評価・感想
評価:1.5点
ポーカーフェイスで放つピリッと辛口のジョークは、今なお健在。年を取り、その巧妙な語り口に一層磨きがかかったベテランコメディアン、待望の新作ライブ。
79位
2018年
ザ・スタンドアップの評価・感想
レイチェル・ファインスタイン、カイル・キンエイン、ジョー・リスト、ブレント・モーリン、アパルナ・ナンチェーラ、ジーナ・ヤッシャーの6人がシーズン2に登場。
80位
2018年
ガッド・エルマレのアメリカン・ドリームの評価・感想
評価:5.0点
フランスのスーパースターが初めて英語で挑んだスタンドアップ。異常な食文化に独特なデートの流儀、理解不能なスラングなど、ヨーロッパ視点でアメリカを辛口分析。
81位
2018年
ファリー・イズ・ニュー・ブラックの評価・感想
辛口のネタと粋なスタイルで大人気のフランス・コメディ界のトップスター、ファリー。口説き方から人種差別まで、なんでもありのコメディ特番。
82位
2018年
セス・ローゲンのヒラリティー・フォー・チャリティーの評価・感想
評価:3.5点
セス・ローゲンがコメディ仲間とともに贈るコメディスペシャル。セスならではの切り口で、スタンドアップ、コント、音楽などいろんな笑いを魅せてくれる。
83位
2018年
ダーティー・スタンドアップの評価・感想
コメディアン6人が、えげつない笑い満載のオトナ向けコメディをたっぷりお届け。お子様は視聴厳禁、30分のスタンドアップを集めたスペシャルシリーズ!
84位
2018年
アダム・サンドラーの100%フレッシュの評価・感想
"ヒーロー"や"アイス屋のお姉さん"の歌など、意外性と斬新さあふれる過激なネタと演出で、アダム・サンドラー独自の笑いを次々と繰り出すコメディスペシャル。
85位
2018年
ロン・ホワイトの俺はとことん止まらないの評価・感想
自らの性生活、有名人、さらには野生のガチョウの恐ろしさまで。貫禄たっぷりのロン・"テーターサラダ"・ホワイトが、皮肉たっぷりのジョークをお届け。
86位
2018年
モー・アマーの俺は陽気な流れ者の評価・感想
"モハメド"の名で旅行する大変さから、米国市民権獲得までの長い道のりまで、アラブ系アメリカ人が"難民コメディアン"としての実体験を笑いに変える。
87位
2018年
ラフィーニャ・バストス: 最後の言葉の評価・感想
下品なジョークで多くを失った男が帰ってきた! ブラジル人コメディアンのラフィーニャ・バストスが、訴訟や離婚、新たな愛を探す旅など際どいネタで笑わせる。
88位
2018年
ノーム・マクドナルド・トークショーの評価・感想
巧妙な語り口に定評のあるノーム・マクドナルドが、親交のある著名人を招いて繰り広げるざっくばらんなトーク番組。あの人が、あんな話までしちゃうなんて?!
89位
2018年
バート・クライシャーのシークレットタイムの評価・感想
上半身裸のバート・クライシャーが、ここだけのプライベートな話を次から次へとたたみかけ、"イケてる"父親ぶりを見せつける。責任感少な目でもお構いなし!?
90位
2018年
ユ・ビョンジェの言いたいことが言えないの評価・感想
韓国人コメディアンのユ・ビョンジェが、自分に対する国民の批判と、今の韓国社会が抱える難しい社会問題を強引に絡めて、笑いを起こす。
≪ 前のページ次のページ ≫
12
3
456