NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 979
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着コメディリアリティ恋愛

注目・人気のバラエティ番組(175作品)

121位
2017年
アリ・シャフィールのダブルで行こうの評価・感想
皮肉がきいたスマートなジョークは今日も健在。軽快な口調のアリ・シャフィールが、子どもと大人というテーマで贈るスペシャルライブを2本まとめてお届け。
122位
2017年
ロドニー・キャリントンの南部のぶっちゃけ話の評価・感想
評価:1.0点
スタンドアップ界のカウボーイ、ロドニー・キャリントンが登場。40代を振り返り、下ネタ、男と女の関係、体重増加まで、歌と南部なまりで会場を爆笑に誘う。
123位
2017年
ブラッド・ペイズリーのコメディ・ロデオの評価・感想
評価:2.5点
カントリー・ミュージック界の大スター、ブラッド・ペイズリーが司会を務め、歌と笑いで奏でる特別番組。ゲストに、ジョン・ヘフロン、サラ・ティアナ他。
124位
2017年
クレイグ・ファーガソンの笑わせたもん勝ちの評価・感想
評価:3.5点
トーク番組の司会をしていた頃の"犯罪の香りがする"日常や、70年代のポルノといった思い出話から、日本のトイレに感動した話まで、幅広いネタを聞かせます。
125位
2017年
アディティ・ミタルの誰にも言えない話の評価・感想
評価:2.0点
草分け的存在のコメディアン、アディティ・ミタルの独り舞台。独身生活やTバック、インド映倫のヘンな年齢規定など、多様なネタと赤裸々トークを引っさげ参上!
126位
2017年
マズ・ジョブラニの移民コメディの評価・感想
評価:4.5点
イラン系アメリカ人コメディアンがケネディセンターで大暴れ。トランプ政権下での移民生活、最近の子育ての落とし穴など、幅広いネタで観客の心を鷲掴み!
127位
2017年
パットン・オズワルトのこの世はカオスの評価・感想
評価:4.0点
パットン・オズワルトが、社会への痛烈な風刺と、偽りのないナマの自分を交互に披露。トランプ大統領就任後にあふれるネタや、個人的な悲劇を笑いに昇華する。
128位
2017年
マイク・バービグリアのジョークの神様、ありがとう!の評価・感想
評価:4.5点
時間に遅れる人、ジョークが原因でトラブルに巻き込まれる件、「セサミストリート」などのマペットショーに関する独自の考察を、ニューヨークの舞台で大胆披露。
129位
2017年
ルーカス兄弟の脱力ライブの評価・感想
評価:1.0点
双子のキースとケニーが、ドラッグや人種、ディオン・サンダース、O・J・シンプソンをネタに、独特の口調でジョークを連発、ブルックリンの観客を沸かす。
130位
2017年
デフ・コメディ・ジャム 25の評価・感想
評価:4.5点
ラッセル・シモンズ製作による伝説的TV番組「デフ・コメディ・ジャム」。スタンドアップ・コメディ界の大スターたちが一堂に会し、その25周年を祝う特別版。
131位
2017年
ガッド大暴走の評価・感想
評価:3.5点
フランスのコメディアン、ガッド・エルマレが、アメリカで体験したカルチャーショックや意味不明な習慣を、カナダ・モントリオールの観客に余すところなく披露。
132位
2017年
ジェフ・ダナムのとんだ災難の評価・感想
評価:2.0点
腹話術師のジェフ・ダナムとその相棒たちがアイルランドのステージに立つ。家族の話から政治ネタまで、言いたい放題の人形たちとのやり取りは一見の価値あり!
133位
2017年
ジュダ・フリードランダーのワールドチャンピオン・アメリカの評価・感想
自称ワールドチャンピオンの"無表情"コメディアン、ジュダ・フリードランダーが、アメリカがなぜ世界一なのか、数夜にわたって、ニューヨークの舞台で語り尽くす。
134位
2017年
マルコ・ルケの俺がついてるぜの評価・感想
評価:1.0点
恋愛に、地域格差に、映画への情熱。マルチなタレントを発揮するコメディアン、マルコ・ルケが、自分自身に扮して様々なネタを披露するコメディライブ。
135位
2017年
ブライアン・リーガンの怖いものなしの評価・感想
評価:1.0点
下着の状態で実感する体重増加、子供に勝てないボードゲーム、ホットドッグにまつわる失敗談など、誰もが経験したことがある身近なネタで、会場を盛り上げる。
136位
2017年
サラ・シルヴァーマンのLAライブの評価・感想
評価:3.0点
危篤状態を乗り越えた後初となるスタンドアップ・ライブで、サラのコメディ魂が炸裂。十八番の破壊的に過激な笑いを添えた、笑える実話や悲しい現実がてんこ盛り!
137位
2017年
ジャック・ホワイトホールのやりたい放題の評価・感想
評価:4.5点
飲酒事情の英米比較から、ドラッグ、グーグル・マップの撮影車、さらには、永遠の宿敵ロバート・パティンソンの話まで、イギリス人視点で幅広いネタを披露!
138位
2017年
ジェリー・ビフォア・サインフェルド: すべてはここから始まったの評価・感想
評価:4.5点
70年代にコメディアン人生をスタートさせた舞台に久しぶりに立つサインフェルド。思い出話を交えながら、今も変わらぬキレキレのジョークを軽快に飛ばす。
139位
2017年
トレバー・ノアの電気は消さないで!の評価・感想
評価:4.5点
信号機を過信するニューヨーカーから、スコットランドでの危険な飲酒体験まで、「ザ・デイリー・ショー」ホストならではの、キレのある笑いで世界各国を切る!
140位
2017年
ジョー・コイのライブ・イン・シアトルの評価・感想
評価:3.5点
フィリピン人の母親に育てられたジョー・コイも、今ではティーンエイジャーの息子を育てる父親に。母の思い出と自身の子育て経験をネタにした、爆笑子育て話満載。
141位
2017年
デイヴ・シャペルの冷静沈着&汚れた鳥の評価・感想
出来たてホヤホヤの新ネタと、超辛口だけど愛がいっぱいのジョークを散りばめた2つのスタンドアップ・スペシャルで、コメディ界の重鎮が激動の1年を振り返る。
142位
2017年
アルティメット・ビーストマスターの評価・感想
評価:5.0点
アメリカを含む世界各国のトップアスリートたちが、賞金と栄光、そして自国への誇りを賭け、かつてない過酷で巨大な障害物が待ち受ける超難関コースで競い合う。
143位
2017年
あいのり: Asian Journeyの評価・感想
評価:5.0点
ピンクのワゴン車に乗って世界を旅する男女7人が探すのは、もちろん真実の愛。キスして2人で帰国する日を夢見て、見知らぬ者同士がアジアの国々を走り続ける。
144位
2018年
ファッカー・ファズの放送禁止スレスレの評価・感想
評価:1.0点
シンガポールで生まれたマレー人はどんな差別をうけるのか? 多民族国家で育ったコメディアンならではの多文化ジョークが、会場に爆笑の渦を巻き起こす。
145位
2018年
ハリス・イスカンダーの言わんこっちゃないの評価・感想
評価:1.0点
マレーシアを代表するコメディアンが、完璧すぎる隣国シンガポール、リック・アストリーのヒット曲や元カノとの思い出話で、クアラルンプールの観客を沸かす。
146位
2018年
トッド・グラスのもっと笑ったら?の評価・感想
評価:1.5点
心臓発作体験にカミングアウトの思い出、そして信じられないキットカットの食べ方まで。寄る年波にも負けないパワーあふれる中年コメディアンが、本音を大暴露。
147位
2018年
フレッド・アーミセンのスタンドアップ・フォー・ドラマーの評価・感想
評価:1.5点
コメディアンのフレッド・アーミセンが、音楽や"ドラマーあるある"、各地の訛りを題材に、ドラマーなら絶対ツボるネタを提げ、観客のドラマーたちを沸かす。
148位
2018年
カヴィン・ジェイのみんな落ち着いて!の評価・感想
評価:2.5点
その大きな体で固定概念をぶち壊せ! マレーシア人コメディアンがシンガポールの観客に贈る爆笑ライブ。VHSしかなかったあの頃も、今となっては笑いの宝庫。
149位
2018年
トム・セグラの恥さらしの評価・感想
評価:2.5点
駐車場での嫌がらせやエロビデオ、子育てについて、トムの頭の中で渦巻く"不適切"な考えを、思い切り口に出してみる。近頃流行りの禁止用語なんて、関係ねえ!
150位
2018年
カット・ウィリアムズのグレート・アメリカの評価・感想
評価:1.5点
アメリカの政治情勢から、人種問題、セックスロボット、ローストビーフまで。恐れを知らぬアングラ・コメディの帝王が繰り出す爆笑ジョークに、観客も窒息寸前。
≪ 前のページ次のページ ≫
1234
5
6