NETFLIXオリジナル完全ガイド | ネットフリックス
サイト内検索
掲載件数 887
ドラマ映画アニメドキュメンタリーバラエティ
人気新着コメディリアリティ恋愛

注目・人気のバラエティ番組(172作品)

121位
2017年
ジェフ・ダナムのとんだ災難の評価・感想
評価:2.0点
腹話術師のジェフ・ダナムとその相棒たちがアイルランドのステージに立つ。家族の話から政治ネタまで、言いたい放題の人形たちとのやり取りは一見の価値あり!
122位
2017年
マルコ・ルケの俺がついてるぜの評価・感想
評価:1.0点
恋愛に、地域格差に、映画への情熱。マルチなタレントを発揮するコメディアン、マルコ・ルケが、自分自身に扮して様々なネタを披露するコメディライブ。
123位
2017年
ブライアン・リーガンの怖いものなしの評価・感想
評価:1.0点
下着の状態で実感する体重増加、子供に勝てないボードゲーム、ホットドッグにまつわる失敗談など、誰もが経験したことがある身近なネタで、会場を盛り上げる。
124位
2017年
ラッセル・ハワードのコメディ・スペシャルの評価・感想
お得意の自虐ネタをさく裂させて、政治やSNSなど時事問題から、ポルノや自身の欠点といったプライベートな話までぶちまける。彼のモットーは、常に前向き!
125位
2017年
サラ・シルヴァーマンのLAライブの評価・感想
評価:3.0点
危篤状態を乗り越えた後初となるスタンドアップ・ライブで、サラのコメディ魂が炸裂。十八番の破壊的に過激な笑いを添えた、笑える実話や悲しい現実がてんこ盛り!
126位
2017年
ジェリー・ビフォア・サインフェルド: すべてはここから始まったの評価・感想
評価:4.5点
70年代にコメディアン人生をスタートさせた舞台に久しぶりに立つサインフェルド。思い出話を交えながら、今も変わらぬキレキレのジョークを軽快に飛ばす。
127位
2017年
トレバー・ノアの電気は消さないで!の評価・感想
評価:4.5点
信号機を過信するニューヨーカーから、スコットランドでの危険な飲酒体験まで、「ザ・デイリー・ショー」ホストならではの、キレのある笑いで世界各国を切る!
128位
2017年
ビル・ナイが世界を救うの評価・感想
評価:1.0点
エミー賞受賞歴を持つビル・ナイが、セレブや専門家など豪華ゲストをラボに招いて、我々の生活に深くかかわる科学的な問題を取り上げるトークショー。
129位
2017年
ジョー・コイのライブ・イン・シアトルの評価・感想
評価:3.5点
フィリピン人の母親に育てられたジョー・コイも、今ではティーンエイジャーの息子を育てる父親に。母の思い出と自身の子育て経験をネタにした、爆笑子育て話満載。
130位
2017年
デイヴ・シャペルの冷静沈着&汚れた鳥の評価・感想
出来たてホヤホヤの新ネタと、超辛口だけど愛がいっぱいのジョークを散りばめた2つのスタンドアップ・スペシャルで、コメディ界の重鎮が激動の1年を振り返る。
131位
2017年
アルティメット・ビーストマスターの評価・感想
評価:5.0点
アメリカを含む世界各国のトップアスリートたちが、賞金と栄光、そして自国への誇りを賭け、かつてない過酷で巨大な障害物が待ち受ける超難関コースで競い合う。
132位
2018年
ザ・スタンドアップの評価・感想
レイチェル・ファインスタイン、カイル・キンエイン、ジョー・リスト、ブレント・モーリン、アパルナ・ナンチェーラ、ジーナ・ヤッシャーの6人がシーズン2に登場。
133位
2017年
あいのり: Asian Journeyの評価・感想
評価:5.0点
ピンクのワゴン車に乗って世界を旅する男女7人が探すのは、もちろん真実の愛。キスして2人で帰国する日を夢見て、見知らぬ者同士がアジアの国々を走り続ける。
134位
2018年
ファッカー・ファズの放送禁止スレスレの評価・感想
評価:1.0点
シンガポールで生まれたマレー人はどんな差別をうけるのか? 多民族国家で育ったコメディアンならではの多文化ジョークが、会場に爆笑の渦を巻き起こす。
135位
2018年
ハリス・イスカンダーの言わんこっちゃないの評価・感想
評価:1.0点
マレーシアを代表するコメディアンが、完璧すぎる隣国シンガポール、リック・アストリーのヒット曲や元カノとの思い出話で、クアラルンプールの観客を沸かす。
136位
2018年
トッド・グラスのもっと笑ったら?の評価・感想
評価:1.5点
心臓発作体験にカミングアウトの思い出、そして信じられないキットカットの食べ方まで。寄る年波にも負けないパワーあふれる中年コメディアンが、本音を大暴露。
137位
2018年
フレッド・アーミセンのスタンドアップ・フォー・ドラマーの評価・感想
評価:1.5点
コメディアンのフレッド・アーミセンが、音楽や"ドラマーあるある"、各地の訛りを題材に、ドラマーなら絶対ツボるネタを提げ、観客のドラマーたちを沸かす。
138位
2018年
カヴィン・ジェイのみんな落ち着いて!の評価・感想
評価:2.5点
その大きな体で固定概念をぶち壊せ! マレーシア人コメディアンがシンガポールの観客に贈る爆笑ライブ。VHSしかなかったあの頃も、今となっては笑いの宝庫。
139位
2018年
カット・ウィリアムズのグレート・アメリカの評価・感想
評価:1.5点
アメリカの政治情勢から、人種問題、セックスロボット、ローストビーフまで。恐れを知らぬアングラ・コメディの帝王が繰り出す爆笑ジョークに、観客も窒息寸前。
140位
2018年
デヴィッド・レターマン: 今日のゲストは大スターの評価・感想
評価:4.5点
名司会者として知られるデヴィッド・レターマンが、世界を舞台に活躍する著名人の内面に鋭く迫るトーク番組。スタジオを飛び出し敢行されるロケも見逃せない。
141位
2018年
ハネムーン・スタンドアップ・スペシャルの評価・感想
もうすぐ子供が産まれる夫婦、ナターシャ・レジェロとモシェ・キャッシャー。3つのパートに分かれたスタンドアップ特番で、家族や男女関係などを大解剖する。
142位
2018年
ジョー・ローガンの可笑しな時代の評価・感想
政治からプロレス、マリファナ、ヴィーガン猫まで、キレキレのネタでボストンの聴衆を笑いの渦に巻き込むジョー・ローガンのスタンドアップ・スペシャル。
143位
2018年
ダニー・ブーンのオー=ド=フランスの評価・感想
フランスの大スター、ダニー・ブーン初のコメディライブ。多才ぶりを発揮して、故郷の話や反抗的な10代の子を持つ親の苦労を語って、歌って、笑わせる!
144位
2013年
アジズ・アンサリ: 人生は生埋め地獄の評価・感想
評価:5.0点
「パークス・アンド・レクリエーション」の出演者、アジズ・アンサリのステージを収録。歯に衣着せないトークで今の大人、子育て、結婚、恋愛を笑いに変える。
145位
2013年
ラッセル・ピーターズ: ノートリアスの評価・感想
評価:4.5点
国際的スター・コメディアン、ラッセル・ピーターズのシドニーで行われたライブを収録。人種や文化のステレオタイプを皮肉たっぷりに地球の果てまで笑い飛ばす!
146位
2015年
イライザ・シュレシンガー: フリージング·ホットの評価・感想
女性コメディアン、イライザ・シュレシンガーが、抱腹絶倒のジョークを交えて、新鮮な視点から男女間の普遍的な問題を解明...!?
147位
2015年
ジェン・カークマン: ひとりで逝くのも悪くないの評価・感想
評価:5.0点
ジェン・カークマンが、ツッコミと笑い満載で語る離婚、子ども、セックス。40オンナのおひとり様生活も悪くない。Netflixオリジナルコメディ。
148位
2016年
デヴィッド・クロスの偉大なるアメリカ、再びの評価・感想
評価:2.5点
ドナルド・トランプから宗教タブーまで、"アメリカ流"を辛辣ジョークでこき下ろすデヴィッド・クロス。テキサス州オースティンで収録の挑発的ステージ!
149位
2016年
トム・セグラ: ただの話の評価・感想
評価:1.5点
ボディピアスの効力、男性の心を掴む最高機密ゾーン"エリア51"、マイク・タイソンについたウソなど、髭面トム・セグラが、超辛口に下ネタ満載で大胆披露。
150位
2016年
レジー・ワッツのスペーシャルの評価・感想
評価:1.0点
斬新なスタンドアップを作り上げる、個性的コメディアン。実験的な歌やお芝居もあれば、おかゆから銃にドラッグまでジョークで笑い飛ばす。即興満載ステージ。
≪ 前のページ次のページ ≫
1234
5
6